人気ブログランキング |
ITコーディネータ 針生徹 の blog
ワシと煙草(まとまらねぇ)
色々と勉強になったし、考えさせられもしたが、決意までは至らず、と言うか、もうこの話題には触れずに済まそう、なんて不埒な考えで締切が来るのを待っていたのだが、こんな素晴らしいまとめを見せつけられちゃぁ黙って素通りする訳にもいかんよなぁ。

ハリーさんとタバコ(まとめ)
by エキブロ総合病院

nicotine ninotika 理事長、お疲れさまでした。そして、ありがとうございます。
プリントアウトして何回も読み返しています。
何があるのか、どうしてタバコがこんなにも愛されるのか、どうしてタバコが好きなのか、どうしてやめられない、またはやめたくないのか。
どうしてなんだろうねぇ? 今まで禁煙なんてハナっから頭に無かったから、どうして吸うのかなんて考えもしなかった。

やんちゃな時代には非合法な物(酒も煙草も未成年では非合法だが)にも手を出したが、戻れなくなっちゃう恐怖を乗り越えられなかった軟弱さが幸いして、人間辞めないで済んでいた。

海外に居たときは、入手が容易で罪悪感の少ない葉にもハマってたが、ありゃぁ無きゃ無いで全然平気だ。

酒もバカみたいに浴びていたが、酔いが欲しいだけで、酒そのものを呑みたい訳じゃない。二日酔いの辛さはさっぱり抑止力にはなっておらず、暗くなると街を徘徊したりしたけど、家で一人で呑むほど好きではないのである。

そんな訳で、依存対象として残ったのが煙草って事なのかなぁ? 

だから、どうしても! なんて拘りは全く無いのだよ。その気になりさえすれば案外あっさりと止めるかも。…って、「その気になる」ってのが一番大変な訳なんだが。

では、何故その気にならないのだろうか? ninotika さんがまとめた喫煙者の言い分を検証してみよう。




1、禁煙運動の過激さ、声高くこれが真実だという、押しつけ。偽善にみえる。やめさせたいのはあなたたち自信のため、吸っている私のためではない。反抗(特に10代)。
ワシ自身は幸いにも、じゃなくて不幸にして禁煙を勧められた覚えは無い。単に覚えてない、と言うか聞く耳を持たなかっただけかも知れんけど。

一方、無意識のガス抜きをしているヒステリックな嫌煙権の方は正直辟易するね。マナーを守るのは大前提として、過度な喫煙者迫害は逆効果だろう。今回の先生方のように落ち着いて意見を述べてくれればちゃんと聞きますよ。
2、タバコを吸っている全員がガンになるわけではない。
こりゃワシには関係無いな。ってか、健康を考えるんだったら、いいわきゃない。むしろ、次のように健康に悪いからこそ吸っているのかも知れない。
3、快感、悪いことをする心理的な快感。明暗でいえば暗、日向と陰でいえば陰にいる心地よさ。健康に悪いという陰の魅力。
これは大いにあるな。禁酒法時代のように違法とされたら、喫煙者は逆に増えるに違いない。んなこたぁねぇか。

先に書いたように、もっと強烈な物は違法というだけでなく、いとも簡単に制御不能となってしまうのが恐ろしいけど、煙草はいつでも止められるという根拠の無い自信を持たせてしまうところが実は一番危険なのかも知れないな。

でも、こういう物が全く無い無菌状態ってちょっと考えられない。と言うより考えたくない。これこそが依存症たる所以なのだろう。

この辺りの心理は、院長タクシーの運ちゃんが見事なまでに代弁してくれた。
4、美 ー高尚な美 ー子供っぽいかわいらしさでなく、甘いお菓子とは対局にある、しいて言えば大人だけのもつ美しさ。苦い味が好き。
う~ん、吸い始めの高校生の頃はそんな気持ちもあったかも知れないが、今となっては煙草ってそんなにカッコいいとは思えんぞ。それより、マナーも守れない輩と一緒にされるのは迷惑だ。
5、憧れ。
これは最初っから無かったね。高校の頃って他に沢山あったし、そもそも両親ともにヘビースモーカーだから煙草を吸う姿って嫌いだったし。
6、慰め。迷っている時、悲しい時、敗北感、の毒消しになる。
なる。間違い無い。自己暗示に過ぎないし、非喫煙者はこんなもん無くたってちゃんと立ち直っているのだけど、ワシにとって一番依存している部分かも知れない。

大昔エイトマンというマンガがあって(誰も知らんて)、エネルギーが無くなるとベルトのバックルから取り出したタバコを吸うと復活する、ってのが刷り込まれているのですな。

長年タバコを吸い続けるとアホになるという見本です。
7、緊張または心配事を紛らわすため。特に戦場の兵士、現場ジャーナリスト、俳優、女優、ダンサーなど。
うん、これも言える。でも麻痺してしまうからいずれ効かなくなるんだけどな。

それより、緊張が解けた後のホッした時に呑む煙草は旨い。あ、これは次の癒しになるのかな。
8、癒し。特に疲れ(肉体的、精神的)ている時。
これも慢性化してるから、そんなに効き目は無いんだが、エイトマンの自己暗示は手放せない。

こちらの実験タバコを吸うとホッとするわけにある通り、自らストレスを作っておいて、それが解消する瞬間を欲しているだけなんだから、冷静に考えればアホらしさの極致だね。

ただ、その暗示によって、ニコチン切れ以外のストレスも軽くなったと勘違いできる効果はあるかも知れない。こちらにあるように、ストレスってのはその人が「どのように受け止めたか」によって左右される物なのだから。
9、周りとの交流の道具(お酒を飲む時を含む)
どうだろう? 最近吸う人少ないからねぇ。でも、確かに喫煙場所のようなコミュニケーションって仕事中は他には無いかも。
10、創造性を高める
そういう才能がある人はそうなんでしょうが、ワシゃ煙草ぐらいじゃ変わらんね。葉っぱなら…(以下自粛
11、依存症
これがねぇ、微妙なんですよ。ニコチン中毒ってのは大きいようなんだが、これが無きゃ生きられないなんては思っていない。

最近は禁煙を強いられる時間が増えてきて、確かに喉がカラカラになったり、目がショボショボという禁断症状は出てくるが、精神的にイライラしたりするかと言えば、仕事中という事もあってあまり感じない。プロ意識で感じないように抑えているだけなのかも知れない。

それより、生活習慣病なんだと思う。分かっちゃいるけと止められない。植木等の世界ですな。(また誰も付いてこれなくなっちゃうってばぁ

ま、ブログに熱中するのも似たようなもんだとは思っているけど。
12、集中力を高める 
ワシの発言が引用されているけど、これは嘘だろう。単にイライラすると集中できない、って事の言い訳に過ぎない。むしろ逆に、何かに集中できているときは数時間吸わないでも全く気にならないもんだ。
13、退屈な仕事に句読点をつける、待ち合わせの時間を有効にする、気分転換。
そうとも言えるが、後付けのコジツケだろう。煙草でなきゃならない訳じゃない。そもそも一日中吸ってちゃアクセントも何もあったもんじゃねぇし。

離れた喫煙場所へ向かうというようなブレークの時間を持った方が仕事の能率が上がることは確かだと思うけどね。
14、煙は古代から毎日の儀式に使われたように、祈りにも似た、考えるひとときを与えてくれる。
ここまで崇拝できれば苦労はしない。深く吸い込み、ニコチンが脳に届くのを確認しながら吐き出すと全身の神経が反応していくような錯覚はあるんだが、どうせなら綺麗な空気で腹式呼吸した方がよっぽど瞑想には役立つだろう。
15、選択の自由。体に悪いことをする権利はある。
どうだろうねぇ。一部のヒステリック嫌煙権と同様、権利とか言い出すと説得力を失う。自分で決めるだけでしょ。
16、コカイン、ヘロインほどは悪くないし、やめようと思えばやめられるという、自信。
ありゃ、この辺りについてはもう何度も書いちゃったな。

社会から脱落してしまう他の薬物と比較することはあまり意味が無いだろう。脱依存という意味では、肉体的には軽いかも知れないが、依存ってのは精神的な所が大きいのだからねぇ。自分に言い訳してるうちは止められないと思っている。

と、改めて検証するまでもなく、どうしても譲れない理由ってのは見当たりませんな。強いて言えば、煙草に代わる依存対象、不健康で背徳的で、自分がアホだと確認できる何か、を見つけられていない、って所かも。

手っ取り早いのは酒だろうが、仕事中はさすがに呑めないだろう。とすると、ブログか? 匿名の架空キャラでも創れば禁煙できるかな?

さて、この後反対意見や専門家の意見やデータもまとめられているが、こちらは特に反論は無い。40 近く頂いたトラックバック、そこでのコメントのやり取りや関連記事も大いに参考にさせて貰った。
さて結論はどうしましょうか。
そこで引用されている下記パラグラフが心に響いて鳴り止まない。

The Trouble with Harry
from 優雅に叱責する日々(The Epiplectic Days)
多くの人は「煙草は”決心”によって止めるものだ」と思っています。
でも、僕はそれは少し違うと思います。

煙草は”諦める”ことによって止めるんです。
”吹っ切れる”と言った方が妥当かも知れません。
ホントにこの人21歳なのか? 経験者の重みもあるのだろうが、医者ってのは芸術家でもあるのだな。
その人が
「こんな事はもう終わりにしよう」
そう吹っ切れたときに初めて、長期間にわたる禁煙が成功するんだと思います。

そして、吹っ切れるためのきっかけ

それだけは、本人にしか見つけられないのではないでしょうか・・・
そうなのだよな。未練、なのだろう。未だ準備は出来ていないけど、依存と向き合い、吹っ切る勇気を練っていきたいと思う。

という訳で、長々と書いてきた甲斐も無く、さっぱりまとまらないんだが、最後に再び ninotika さんの「結びの言葉」を受け取っておこう。
この世の生きているもの全て、生きることのために生きているんだと思います。そこに疑問はありません。木、みてください。花、みてください。となりの犬、みてください。自然はあなたに答えをくれるけれども、人間はあなたに答えをあげられないのかもしれません。そして多分、人間が作り出したこのタバコという薬も、いつも人間の作り出すものは、あなたを(本当の意味で)癒すことができないと思うのです。
皆様、ありがとうございました。
すまんが、もうちょっと考えさせてくれぃ…
by harryblog | 2004-08-26 12:49 | Myself | ↑Top  
<< 営業 ページの先頭 今日の次男君 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31