人気ブログランキング |
ITコーディネータ 針生徹 の blog
夜汽車
ブラジリアからサンパウロまで汽車に乗った。

運転士はひたすらスピードの限界に挑戦しているようだ。かなり揺れるけど、川崎重工昭和三十三年製ってワシと同い年じゃねぇか。ご苦労さん。

人口首都なんかへ用のある人間は飛行機を利用するね、普通。金が無いとしてもバスだろうな。汽車なんて誰が?

と思ったが、結構乗っていましたね。色んな種類の人間が。友達同士なのか、たまたま乗り合わせただけか、とにかく凄い声の洪水だ。空間が広い列車だと大勢でくっちゃべるのが楽しいのだろう。

生ギターを持ち込んだ奴も居て、何か歌いだすと、その車両の全員が唱和する。スタンダードが多いんだよなぁ。みんな知ってるし、歌うのが好きなんだ。ワシも知らないくせに輪の中に組み入れられている。

窓ガラスは割れたのか、外してあるのか、ほとんど無い。エアコンなんか無さそうだし、締め切っていたら人いきれで詰まってしまうだろう。景色は大して面白く無いが、風が心地良い。

しかし、突然のスコールには参った。どしゃぶりの雨が車内に全部流れ込んで来る。まぁ、シャワーみたいなもんだけど。

陽が落ち、窓の外をぼんやり眺めていると、ジャングルの中なのに急にスピードが落ちてきて、終いには真っ暗闇で止まってしまった。

どうも様子がおかしいと思っていると、前の方が騒がしい。やがて、連結のドアから、次々と降り始める人々。 …連結? えっ、前の車両は?

どうやら連結が外れて置いてかれたらしい。う~む、そう聞いても今ひとつ事態がピンと来ない。一体どうなるんだ?

逞しくて気の短いラテン野郎達は、既に真っ暗な線路を歩き出している。ワシも訳が解らないまま、取り残されるより歩くべきだと決断した。

どれぐらい歩いただろうか、乗り捨てた車両の灯りが薄くなってきた。そう言えば、機関車が無くても電灯は点くんだなぁ。などと思っていたとき、前方から列車の音が…。

機関車が気付いて戻ってきたようだ。急に軽くなって驚いたんだろうなぁ。

あぁ、助かった。と胸を撫で下ろすヒマも無く、音はどんどん近付いてくる。一転して今歩いてきた方へ皆走り出す。のんびりしてたら轢かれちまうぞ! まるで漫画の1コマみたいだ。

なんとか無事元の車両へ辿り着き、連結も完了して再出発。その後のみんなの浮かれようったら、ほとんどカーニヴァルだね。

ホッとしたワシは一人で食堂車へビールを飲みに行った。う~ん、美味い!

ところが、お祭りが収まってきた車両では、「あの日本人が居ないぞっ! きっと轢かれたんだ!」とまたまた大騒ぎになっていたのであった。

知らずに席に戻ったときは、もう歓喜と大爆笑、ワールドカップで得点したかのような手荒い歓迎を受けましたよ。
by harryblog | 2004-04-03 22:37 | Travels | ↑Top  
<< Cream ページの先頭 パキスタン航空 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31