「ほっ」と。キャンペーン
ITコーディネータ 針生徹 の blog
<   2007年 07月 ( 56 )   > この月の画像一覧
| ↑Top  
モグモグ
ランチや音楽など54種類のテーマを用意--エキサイト、ケータイブログを開始
: CNET Japan モバイルチャンネル


オジサンはお断りされてる感じだな。 なんだよこのテーマってのは…
しょうがねぇから「喫煙」というテンプレートで作ってみた。

PC からはアクセスできないのだね。
http://mogmog.excite.co.jp/blog/?blog_id=45
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-31 22:23 | excite | ↑Top  
日本語サイト変換
日本語のサイトをひらがな・カタカナ・ローマ字に変換してくれるサービス『www.learnjapan.org』 - Chocolate(チョコレート)
a0008364_17542962.gif
前夜と読んで欲しかったが、この方が意味が解るか。

他に、ひらがな・カタカナ・かなカナ混在に変換できる。日本語を学ぶ外国人にとっては便利だろうね。関連リンクも多いし。

learnjapan.org
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-31 17:58 | Network | ↑Top  
ようやく読了
すぐに注文してからもう一ヶ月以上読んでいたことになるのは昨日書いた通り読みかけで放置していたからなんであるが、はっきり言って疲れる本だ。

対談本だからってこともあるだろうけど、限りなく冗長なのである。テーマが難しく広範囲なのは分かるし、迂遠な対話を重ねていくことでしか見えてこない物もあるだろう。それにしたって各発言が一々長すぎる。

宮台氏はブルセラとか援交とかで名前を聞いたことがあるだけなんだが、こんなに回りくどい人だとは思わなかった。ひたすらオレ様凄いだろ認めてよ厨って印象。

まぁ人文系の学者ってのはウチの親父もそうだから知っているが、符丁のような専門用語と過去の議論の引用が多い所為か、とにかく話が長くて難解だ。そういう前提を共有できる議論相手と読者や聴衆を選べるサロン内ならともかく、対象としている筈の社会へ向けての発信は下手っぴぃだと思う。キミの博学はもう分かったから結局言いたい事は何なの?

で、これを神成氏が噛み砕いて返そうとするからさらに長くなる。神成氏は名前も知らなかったけど、ワシとはフィールドが近いようだし、企業や自治体の現場とも積極的に関わっているからだろう、比べればだいぶ解り易い。が、宮台氏と渡り合えるぐらいには電波入ってるようで、一緒になってエントロピーを増大させていく様子を眺めさせられるのが「計算不可能性を設計する」なんですかぁ?

語り合っている内容自体は面白いし、今後の社会を考える上で避けては通れない問題でもあるのだから、もうちょっと伝える努力をして欲しい。注釈のような括弧書きが余計にセンテンスを長くしており、と言うことは結構後から編集しているのだろうから、ざっくりと贅肉を落とせば本質としては 1/4 ぐらいで済むような内容だと思う。

垂れ流しとか不毛な議論と言えばブログの十八番であるが、そのブロゴスフィアでこの本や二人の名前が話題になるのをほとんど見ないのは不思議だ。冒頭にリンクした通り二人ともブログ書いているのにね。何かしら拒絶する物があるのか、それとも単に届いていないだけか? 下々の戯れ言とエリートの高尚な議論は似ていても別物なんですか、そうですか。

IT 系を仕事とし、生活も首までネットに浸かっているようなワシにとっては彼等の問題意識や今後の可能性と危惧についてはおおよそ納得のいくところではある。しかし、社会的な視座を持ったアーキテクトがトップダウンで設計するシステムが感動を伴った未来を創り出していけるという主張は、それを自認する彼等がこの程度の議論しかできていないのを見ちゃうと大いに疑問を抱く。と言うか、せいぜいセカンドライフのような疑似空間に限定しておいて下さいとお願いしたくなるな。チョネチョネしたいんなら余所でやれ、と。

計算不可能性ってのは設計しないことに意味があるんでないかい?
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-31 12:24 | Diary | ↑Top  
出発前夜
仕事を休めない両親、大会を控えた長男君と違ってお気楽小学生の次男君と末娘君は二人だけで秋田へ旅立つことになった。

用意しながらも興奮して大騒ぎ。ようやくさっき眠りに就いた。

2年前に初体験は済ませているし、爺さんが出迎える終点までバス1本4時間の旅じゃ何も起こらないだろうけど、日常と違うってのがいいんだよな。いや、なにより五月蠅い母親から解放されるのが嬉しいか。

一回り大きくなって帰ってこいよ。
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-31 00:50 | Family | ↑Top  
読書週間
読むのが遅いこともあるんだが、あちこちに読みかけの本がある。

仕事に必要な物は集中して読むようにしているが、なんだかんだと分断されるし、理解して覚えるのが目的なので、読み返したり、ネットで調べたり、複数の書籍を読み比べたりして読み終わるまで結構時間が掛かる。たいていハードカバーで重い(ハウツー物なら軽いが中身も薄っぺらだし)のでよっぽど緊急でなければ持ち歩きたくないしな。

移動・待ち時間用には軽い新書か文庫。こっちは読み進むのは早いんだが、電車通勤してないから毎日機会がある訳じゃない。だから選ぶのも一編が短いエッセイ的な物が多くなる。

家では居間用、寝室用、トイレ用の他にブログエントリや解説記事で長い物をプリントアウトした束も毎日増える。平日夜はネット眺めてる時間も長いし、ベッドに入るのも眠くなってからだから1ページも進まないうちに瞼が落ちてたりしてほとんど睡眠薬代わりである。

それでもベッド用とトイレ用は曲がりなりにも定期的に開くから内容を覚えていられるのだが、困るのは居間用である。週末専用なのに休日は出掛ける用事も多く、サッカーやったり呑んだくれちゃうとそのまま逝って良しとなるんで下手すると半月ぐらい空いたりして、毎回初めから読み直さないとさっぱり訳が分からない。

本当に面白くて引き込まれる物であれば寝食を忘れて(いやメシを忘れることはあり得ないが)一気に読んでしまうが、元々本好きではないので優先度が高くないと言うか生活習慣に組み込まれていないのだね。

途中まで読んであまり面白くなかったら止めちゃえばいいのかもしれないが、最後まで読めば変わるかもしれないし、そうじゃなくても一応読み終えたという達成感ぐらいは欲しいからな。

ってことで、今夜は放置プレイを解除することにしよう。
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-30 18:48 | Diary | ↑Top  
自民惨敗だそうで
スポーツで厳しい鍛錬を重ねるのは、強い筋肉やそれを維持する心肺機能の為だけではない。脳の反応速度を上げて運動神経を伝わる電気信号の制御ネットワークを最適化し、どんな状況であっても持てる資源を統合可能なシステムを創り上げることが目的なのである。

優劣を競うのは系全体なのであり、特に紙一重の勝負を繰り返し、糖を使い果たして乳酸が溜まる頃になると、最初の反応の差が結果に及ぼす割合が増えてくる。いや、そこまで行く前に「何が何でも」という駆動力さえあればもっと楽に勝てるだろうとも思うが。

90 分間走り続けられる体力や一対一で負けない強さも必要であるが、試合では必ず相手ペースの時間はあるし、期待に対するプレッシャー、日程や天候、グラウンド状態や審判のジャッジなど色々あるのがサッカー、いわゆるメンタルも含めて実力なのである。

ま、このクソ暑い夏にサッカーなんてやるもんじゃないけどな。

などと、まともにトレーニングもせずに偶に試合だけやろうってオッサンになんか言われたかねぇだろうが、極限状態で如何に力を出すかという命題には共通したものがある。苦しさから言えばこっちの方が深刻なんだし。

加齢により筋力や持久力が衰えるのは致し方ないが、神経系は必ずしもそうではない。だから、頭では追いついているつもりなのに実際は足が出ていない、という事態に愕然とするのであるが、逆にそれは諦めて相応の身体能力を弁えられれば、トータルのシステム制御で勝負することは可能な筈である。

視野の広さや抽象化という能力は経験の積み重ねで得られるものだ。そうして組み立てたプランの実現方法も多く知っている方が有利だし、その場における最適解を決断するスピードも上がる。と言うより、考えるまでもなく身体が勝手に動くようにならなきゃいかんのだよな。

だからって、いい歳して女と見ればすぐに海綿体へ血流注入を始めてしまう hito も困ったもんであるが、奴の脂ぎった欲情ぐらいの執念が日本代表にもあればアジアはおろか世界を目指せるかもしれん。なるほど、鍛えるべきはそこだったか。
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-29 22:51 | Diary | ↑Top  
情けないけど
負けるべくして…
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-29 00:30 | Soccer | ↑Top  
いちゃりばちょーでー
a0008364_10581897.jpg

今日は知らないチームに混ぜて貰ってフットサル大会。

…なのに、シューズを忘れるって…

ま、一番愉しんだチームが優勝らしいからな。レンタルシューズ履いて先発、すぐに先制ゴールを決めたところはさすが助っ人と期待させておいて、そこで早くもガソリン切れ。

後はよろしく~
[PR]
by harryblog | 2007-07-28 10:58 | moblog | ↑Top  
夏休み特集
日経BPに「子どもとネットセキュリティの問題を考える」特集が載っていた。
小学生も高学年になると,夏休みの宿題を調べたりするのにネットを使うのは当たり前。学校の授業でもネットが使われている。でも,そこには私たち大人でも引っかかってしまったりする詐欺や,子どもには見せたくないコンテンツもある。子どもとネットセキュリティの問題を少し考えてみよう。

学校裏サイトで、今何が行われているのか~子どもとケータイの闇/群馬大学社会情報学部大学院研究科・下田博次教授

ワンクリック詐欺に勝った桜井光政弁護士が教える「賢い法律の使い方、備え方」

日常生活で培った判断力が、ネット世界で子どもを守るときにも役立つ~情報セキュリティ大学院大学・内田勝也教授

【特別コラム】警察の最新データで見る、子どもをめぐるインターネット犯罪事情

子どものネット活用能力を伸ばせば、可能性は大きく広がる~慶應義塾大学環境情報学部・村井純教授

ケータイ世代へ伝えるケータイコミュニケーションのあり方~NTTドコモ・モバイル社会研究所・遊橋裕泰さん、萩原徹太郎さん
楽しくて有用で可能性のあるネットだけど、大人でも上手く使いこなすのは難しい。ただでさえ好奇心旺盛で判断力の未熟な子供達にどのように付き合わせるか、こちらも知識を持って放任しないことが大事なんだろうね。
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-28 08:00 | Network | ↑Top  
ゲット
a0008364_22493869.gif  パパ、おみやげは?

  んなもんねぇよ!
発売中!よろしこ
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-27 22:55 | Network | ↑Top  
ページの先頭



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル