ITコーディネータ 針生徹 の blog
<   2007年 06月 ( 63 )   > この月の画像一覧
| ↑Top  
④ São Luis
目次

格安の船はバックパッカーの味方ではあったが、日本とは桁違いの広さの国土を持つブラジルでは都市間の移動は飛行機を使うのが普通であり、便数も多いからいきなり空港へ行ってもキャンセル待ちすれば乗れるのだね。

わずか2時間の飛行でベレンへ戻ってこられ、お世話になった人の親戚の家のドアを叩く。別人のようになったワシの顔に驚き、日伯協会が運営する病院に日本語の分かる二世の医師が居るというので連れていって貰う。

「うぁ~随分腫れてますねぇ」 いやそんなこたぁ分かっている。この痒さと息苦しさをなんとかしてくれぇ~ 「呼吸困難の危険があるので、このまま入院して下さい」 え?

すぐに点滴。身動きできず、白い天井を眺めるだけ。冷房の効いた静かな個室。ここは本当にブラジルか? 瓶が空になるとまた取り替えられてずーっと点滴だけ。元気になってきた証拠なんだろうが、腹減ったなぁ。

結局ほとんど治療らしき事は何もせず、翌朝には腫れも呼吸も元に戻っていたから退院。これだけでマナウスの宿代の 10 倍以上掛かった。飛行機代と合わせて予定外の出費が痛いが、健康には変えられないね。

何日ぶりだろうか、まともなメシをたらふく喰らうと一気に復活。 ワシゃルフィか?

お世話になった人々に別れを告げ、今度はバスでノルデスチ(東北地方)へ向かう。たかだか 500km ほど、十数時間の旅なんて近いもんだと思えるようになった。道路は悪いが、なにしろエアコンが効いててリクライニングできるシートってのがワシには贅沢。

だけど、景色はまたもひたすらジャングルだった。
a0008364_18594186.gif
リアス式海岸沿いを通るのなら楽しめただろうが、それじゃ距離が数倍になってしまう。目的地のサンルイスもまた巨大な河口の中州なので、画像右下端の川が細くなったところへ向かって内陸部を走るのだった。

さて、ブラジルで唯一フランス人が作った街、当時の王ルイ 13 世の名を付けたサン・ルイス。確かに他の街と雰囲気が異なり、ヨーロッパの匂いがする。それなりに大きく人も多いが、街全体が公園の中にあるようで、サンパウロはもちろんベレンやマナウスの雑多な喧噪と比べると別の国に来たようである。

マナウスと値段はさほど変わらず快適さは雲泥の差の小綺麗な宿を確保したワシは、もう体調は問題無かったが、急ぐ旅でもなし、落ち着いたこの街でしばらくのんびりすることにした。

砂糖と綿花の輸出港として栄えた往時を偲ばせる豪奢な邸宅が並ぶ旧市街を散歩しても楽しいし、丘の上の公園から碧い海を眺めるのもいい。アマゾン河も大きさだけは海みたいなもんだったけど、あの泥色ではなく、エメラルドグリーンを濃くした本物の海。日本まで繋がってるんだぜぃ。

次の街へのバスを予約しておこうとセントロから離れたターミナルまで行こうと思ったのだが、どの市内バスに乗ればいいのか分からず、適当に乗ってみると綺麗なビーチに着いたり、寸分違わぬ家が数百軒並ぶ新興住宅地とか、山沿いのファベーラで降ろされたり、と思わぬ市内観光になる。

だいたい庶民の足である市内バスってのは乗ってるだけでも面白い。カセットをがんがん鳴らし、煙草を吸いながら大声で乗客とお喋りしている運転手。停留所では子供が車内販売するアイスクリームを買ってみんな手をベトベトにしながら食べる。パンクして降ろされたこともあったし、バス停でもない所で運転手だけ降りて店先の親爺と談笑したり。ぉぃ、飲んでいるのはガラナだよな、ビールにも見えるけど。

こうして数日間のトライアンドエラーの末になんとかフォルタレーザ行きのバスチケットを取得して街へ戻る。セントロの店も屋台も日曜になるとみんな閉まるのだね。人が少ないといよいよ公園みたいだ。

広場でボケっと座っていると、この街に来て初めて見掛けた東洋系の顔と目が合ったので思わず「こんにちは」と日本語で挨拶する。「ここに来る日本人なんて滅多にいないよ」と驚きながら寄ってきた二世の男と少し話をする。彼は医者だそうだ。「言葉を覚えブラジルを知る為に旅をしている」と言うと、「それならやっぱり地元の女の子と仲良くなるのが一番だよ」と隣家の娘を紹介してくれた。

彼女の家でお母さん、弟の婚約者を交えてご馳走になり、ぎこちないながら少しずつ会話できるようになるとやっぱり楽しいもんだねぇ。

でも、明日にはもうこの街を去るのだよ。残念!
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-30 19:03 | Travels | ↑Top  
③ Manaus
目次

5日間、無限に続く泥色の河とジャングルだけを朝から晩まで見せられていたので、突然現れた大都市には驚いた。ゴムで栄えた頃の遺物だけでなく、自由貿易港として多国籍企業の工場やビルも並んでいる。

貧乏旅行の先は長いのだからできるだけ節約しなきゃならないのであるが、河舟で死んでしまったので、今回だけは少々高くてもまともなホテルで寝たかった。

ところが、やはり観光地でもあるマナウス。セントロに並ぶホテルで予約も無しに取れる所など無かった。仕方なく街外れへ歩いていき、ようやく見つけた宿はフロントのベルを押しても親爺がなかなか出てこない。1泊 500 円相応の粗末な造りであったが、平らなベッドとちゃんと流れる洋式トイレを確保できただけでも幸せだ。

と思ったのも昼までだった。屋上というかバルコニーみたいなところにベニア板で囲っただけのような部屋は強烈な日差しに熱せられて蒸し風呂のようになってくる。窓も無く、もちろんエアコンなどというものも無い。共同のシャワーは水しか出ないが、それが一番快適だと思わせる為にわざとああいう部屋にしてるんじゃないだろうか。

ということで日中は外へ出るしかない。しかし、すぐに便意をもよおすので遠くへはいけない。近所の公園で木陰を求めるのだが、特等席のベンチでは身体中からピンガの臭いを発散したオッサン達がドミノに興じている。昼間っから仕事もしないで何遊んでるんだよ~、と言いたかったが、実はそれが彼等の仕事だったのかもしれないな。

宿は食事付きで、奥さんが料理して親爺が運んでくる。料理と言っても船でさんざん見飽きた、塩漬けの肉とパサパサご飯にフェイジョンとファリーニャという定食である。元気な時ならそれなりに旨いと思うが、この体調ではちょっと食べられない。

再び外へ出て、屋台でオレンジを食う。うんめぇ~ 少し元気が出てきたのでセントロまで歩く。エアコンの効いた大きなホテルのロビーに潜り込み、人を待っている風を装って陽が沈むまでボケ~っと過ごす。

自分の宿に戻り、夕食も食べたくないと言うと、親爺が「これは効くぜ」とくれた薬を飲んで早めに床に就く。が、やはり窓が無いと昼間熱せられた空気は逃げていかないなぁ。いや、外も暑いんだが。

こうなると吹きさらしで風が心地良い船の甲板が懐かしく思えるほどだ。それでも水シャワーで身体を冷やして久しぶりの動かないベッドに横たわるといつしか泥のように眠っていた。

確かに現地の薬は効いた。効き過ぎて蕁麻疹が出てきたんだが、下痢は嘘のように納まり、翌朝は3日ぶりに固形物(パンだけだが)を食べられた。

元気になったので部屋が釜になる前に港の市場へ行ってみる。凄い賑わいだ。治ったとは言ってもさすがにアマゾン名物のピラーニャ、パクー、ピラルクーはまだ無理だろうな。ってことで、とりあえず観光船に乗って、お約束のここ↓だけは見てきた。
泥色のソリモンエス川とコーラ色のネグロ川の合流地点であるが、混じり合わないまま数十キロ流れていくのだ。これは確かに見物であった。

さて、他にもピラニア釣りとか博物館、アマゾナス劇場などの観光コースがあったのだが、この頃からまた体調がおかしくなってきた。蕁麻疹が酷くなり、息苦しい。意識ははっきりしているが、時々ふっと気が遠くなりそうになる。

宿へ戻って鏡を見ると仰天した。顔が2倍ぐらいに膨らんでいる。お岩さんのような瞼は持ち上げるのも重い。ってか、目一杯開けてるつもりなのに薄目にしかならない。ヒューヒューゼーゼー、気管支だけでなく、内臓の壁にも虫が涌いてきたようで胸を掻きむしるが届かない。

親爺に「何なんだよ、あの薬は?」と文句を言うが、「腹は治っただろ。ジャパネーゼには合わなかったのかねぇ。じゃ別の薬やるよ」だと。冗談じゃねぇや、これ以上壊されてたまるかぃ!

こうなったら医者の手に委ねるしか無いな。しかし、ワシのポルトガル語には独りで病院などというシチュエーションは想定もされていなかったし、初めての土地でどこの病院がいいのか、この親爺に訊けってかぁ? う~ん…

ベレンまで引き返せば会った日本人が居るからなんとかなるかと、眠れない夜が明けるのをひたすら待ち、朝一番の飛行機に乗ることにしたのであった。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-30 02:24 | Travels | ↑Top  
え?
もう金曜日かよ~ 月末ってことは半年終わりじゃん。

時間の進み方ってのは残り寿命が基準となっているらしい。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-29 08:31 | Diary | ↑Top  
浦島
二日に一遍、それも大昔の旅行記なんて書いてるようじゃさすがに見放されたな。 
ま、こちらも巡回してなかったからお互い様か。

こんなこと↓もあったんだね。

不完全日記 : 中で何が起こっているのか
不完全日記 : おおお!素早い!

最初の向上委員会のコメント欄は凄いな。

それにしても、なんかエキブロ変わったねぇ。 今回だけじゃないといいんだが。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-28 20:51 | excite | ↑Top  
Soundpedia
TechCrunch Japanese ≫ アメリカ国外でPandora代わりになりそうなSoundpedia

ってことだそうだが、ユーザーインターフェイスが分かり難い。他人の Playlist は聴けるけど未だに自分の Playlist を作れないでいる。

Music Community : SoundPedia

それと、特定のアーティスト、アルバムをじっくり聴くにはいいが、ラジオとしては Pandora のように自動的に好みに近い物をセレクトしてくれると嬉しいんだがな。Similar や Tag を追っていけば選べるけど、操作無しで流し続けたいし。

やっぱり今のところは finetune の方がいいな。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-28 12:46 | Music | ↑Top  
② Belém
目次

ブラジルで最初の国内旅行は、サンパウロからアマゾン河口の街ベレンへ飛行機で行ったのだが、初っ端からハプニングと言うか、思い描いた通りにいかないのがブラジルなのだと思い知らされた。この時の顛末は前にちょっと書いた。

予定は未定

空港のベンチで一夜を明かしたので、翌朝ベレンの街へ着いたときには眠くて仕方が無く、ちょっと一休みのつもりで公園の芝生で横になったらそのまま眠りこけてしまった。バッグを枕にしていたのだが、なんかそれを引っ張られるような気配を感じ、朦朧とした意識のまま目を開けてみると、視界全部に 10 人ぐらいの顔がアップで飛び込んできた。

反射的に「うぁっ!」と叫んで飛び起き、とにかくバッグを引き寄せる。幸いにもさほどの抵抗も感じず取り戻せたので、なんとか事態を把握しようとワシを取り囲んだ連中を見渡す。

みんな子供だった。それも揃って短パン一丁に裸足である。腹だけが異常に膨れている。浮浪児かどうか知らないが、ファベーラの住民だろう。動いたワシを見て唖然としているところを見れば、てっきり死体だと思い込んで、その持ち物は天からの恵みということだったのかもしれない。生憎だけど未だ生きてますよ~だ。

こうやって次々に鍛えてくれたおかげで少しずつ強くなってきたワシはなんとか目当ての家に辿り着けたのであるが、そこはジャングルの中だったからベレンという街そのものはあまり知らないのである。

人口 100 万以上と言えば今の仙台と同じぐらいの都会の筈なんであるが、とてもそんな感じはしない。港の市場の活況はゴムの集積地として栄えた大航海時代を偲ばせるものの、ちょっと郊外に出れば未開のジャングルが広がり、赤道直下で日中は 40°C を越すとか、300km という幅の河の中に九州と同じぐらいの面積の島があるとか、圧倒的な自然の前では人工の物なんてちっぽけに見えてしまうのだな。

そこに暮らす人々も大らかな印象。凍死する心配が無く、そこら中に自生する果物を食べたり川で魚を獲れば(ピラニアとかも居るが)とりあえず餓死も免れるという環境だからだろうか。実際、農園労働者達の昼食はこんな感じだったし。

さて、せっかくのアマゾン、どうせならもっと奥地へ行ってみよう。交通手段は河舟である。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-28 08:47 | Travels | ↑Top  
① São Paulo
目次

霧のロンドン、ガトウィック空港を飛び立ったブリティッシュ・カレドニアン航空の DC-10 は大西洋を 10 時間ほどで越え、サンパウロ市街から 100km ほど離れたビラコッポス空港へ到着した。車輪が無事に地面を捉えると、機内は割れんばかりの大歓声、だけでなく唄ったり踊ったりまるでカーニバルのようなお祭り騒ぎである。

1982 年の 7 月と言えば折しもワールドカップスペイン大会の開催中。ブラジルはジーコ、ファルカン、ソクラテスら黄金のカルテットを擁しながら、イタリア、アルゼンチンとの三つ巴となった二次リーグで、大会得点王となるパウロ・ロッシにハットトリックを奪われ敗退。その応援団達が乗り合わせたのだろうか? いやいや、これがブラジルなのだよ。ようこそ。

南半球だから 7 月は冬の筈なんだが、夏のヨーロッパよりずっと暑い。空気が乾いているからそれほど不快ではないが、午前 9 時というのに強烈な日差しに滑走路が歪んで見える。

掘っ建て小屋のようなターミナルで荷物を受け取り、税関で散々チェックされてロビーへ出てみると既に同乗者達は散っていた。それ以外の人影もまばらなのは日曜の朝だからというだけでなく、どうやら羽田と成田の関係とは違い、国際線も含めて市内にあるコンゴーニャス空港の方がメインであり、そこから溢れた便だけがこちらへ着陸するらしい。

それなら空港間連絡バスがあるだろうと訊いてみると、「もう行っちゃったよ。今日は日曜だからバスはもう無いね」だとさ。早速ここは日本じゃないと教えてくれた訳だな。ありがとう。

それならこっちも「言わなきゃ負け」という世界のルールを実践しなきゃだな。一応3ヶ月間ポルトガル語の基礎は勉強してきたんで、こっちが言うことは伝わる。相手の機関銃トークはまるで掴まえられないんだが、ネゴの時は聞く耳なんか持たない方が有利なんだろうし。

で、航空会社従業員個人のクルマでカンピナスという街のバスターミナル(ブラジルは鉄道よりバス網の方が発展してるから、日本で言えば JR の急行停車駅みたいなもん)まで送って貰えることになったのだった。

さて、こうして無事にサンパウロ市街に着き、知り合いの家で荷物を解いたのであるが、街についてはまるで東京と変わらず特筆すべきことも無い。高層ビルが建ち並び、人で溢れ、周囲には住宅街が切れ目無く続く。「金買います」という看板が目立つのと、住宅街の空き地では必ずフッチボールに興ずる子供達というのぐらいがブラジルらしいか。

信号や横断歩道など関係無く道を渡る人はヨーロッパと同じであるが、こちらはクルマも絶対に停まらない。昨今話題のバイオエタノール車が当時から主流で、ガソリンスタンドの店員が銜え煙草で給油してもアルコールだから引火しないなどと嘯いていた。タクシーを含めてフォルクスワーゲンが異常に多く、駐車する時は盗難対策として取り外し式のカーステレオを持って降りるのが習わしだった。

リベルダージという日本人街でたいていの物は揃うし、移民・二世三世のコミュニティも大きく、歴史があり、真面目で勤勉な日本人は評判も良く、各界で活躍している人が多いので、そこでネットワークを広げていけば何かしら生きていく糧は得られるかもしれない。

それにしたって言葉は喋れなきゃだし、何の取り柄も無いのだったら、まずは田舎で身体を使って慣らしていったらどうだい? ってことで、サンパウロには 10 日ほど居ただけで、知り合った人の叔父さんが農園をやっているというベレンへ向かったのであった。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-26 19:30 | Travels | ↑Top  
予告編
書くこと無いので、昔話でも。

ワシがブラジルを旅したのは 1982 年、24 歳のときだった。目的など何も無い。今で言えば自分探しみたいなもんかもしれないが、要するに現実逃避ですな。環境を変えれば生まれ変わるか、なぁんてね。 ある意味その通りではあったのであるが。

何故ブラジルかってぇのも特に意味は無い。日本から一番遠そうなのがよかったんじゃないか。って、そんなに日本が嫌だったのかねぇ? まぁ、小学校からサッカーやってたし、ボサノバ好きだったから馴染みがあったとも言えるが、おそらく一時帰国した移住者と呑む機会があったのが最大のきっかけなんだな。

で、とにかく行ってみることにした。楽天的なラテン気質の国なんだからなんとかなるだろ、と。いや、ブラジル人よりもワシ自身の方が楽天家だったような気もするが。

そうは言ってもせめて言葉ぐらい話せなくちゃ何にもできないから、まずは独りでグルっと旅行すれば覚えていくだろうと思ったんだが、なにしろ日本の 20 倍以上あるからねぇ… 結局半周ほどしただけで帰ってくることになってしまった。
a0008364_1732434.gif
訪れた街の想い出を書くだけで 15 回シリーズになるな。既にいくつか書いた話もあるけど、丁度また現実逃避したいところだったんだよな。

しかし… アルチューハイマーが 25 年前の記憶を呼び起こすまでしばらくお待ち下さい。

目次
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-25 23:15 | Travels | ↑Top  
あー
ブログなんてぇもんがあったんだっけな。

どうやって書くんだったかすっかり忘れちまったのぅ。
[PR]
by HarryBlog | 2007-06-25 19:18 | Diary | ↑Top  
毎年恒例
a0008364_17531421.jpg

新井英一ウェブサイト

世祓い : 新井英一
世祓い : 今夜は
[PR]
by harryblog | 2007-06-24 17:53 | Music | ↑Top  
ページの先頭



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30