ITコーディネータ 針生徹 の blog
<   2004年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧
| ↑Top  
Netsky.Q
朝からお客さんの会社のウィルス騒ぎで大変だった。

W32.Netsky.Q@mm というウィルスで大流行しているようですな。

感染してしまったら、レジストリも改変されるので、駆除ツールを利用する必要がある。

今回は、アンチウィルスが入っているのに、定義を更新していない人が居た為に社内はもちろん、ディスク内で発見したアドレスには無差別にバラ撒いてしまった。

ウィルス定義の更新をお忘れなく。
[PR]
by harryblog | 2004-03-31 10:19 | Network | ↑Top  
架空請求メール
架空請求詐欺
from ☆ITと経営にちょっぴり興味のあるおやじ☆

ワシも初めて受け取ったんだが、なんか笑ってしまった。

でも、身に覚えのある人にとっては笑い事じゃないかも知れない。54,135 円という請求金額も微妙な所で、トラブルに巻き込まれるよりは払ってしまった方がいいと判断する人も居るのだろう。

検索してみると、同じ日付・文面(債権管理番号まで同一)のメールがあちこちで晒されているな。かなり大量にバラ巻いたのだろう。

利用された配信サービス会社ニットーギケンテクノ有限会社では、本人確認強化と受信者からのクレームによる即時停止を対策としている。業者としては当然やっておくべき事だろう。

それよりも、こんな物で金を払う人がゼロになるのが一番の再発防止策だと思う。恐かったら警察へ届ければいい。明らかな詐欺なのだから。

ネットが便利になるほど、それを悪用する輩も増えてくる訳なんで、自分自身がしっかりしていないと弱みにつけ込まれてしまう。

とは言っても、個人情報流出のようにサービス提供業者の認識が足りないケースが増えている。価格や利便性よりも、セキュリティや倫理等を業者選別の基準にしていかなければならないようだ。

ネットとハサミは使いよう、って事を忘れずに活用していこう。
[PR]
by harryblog | 2004-03-30 11:14 | Network | ↑Top  
鈍行
今日は一日外出していて全く読めなかった。

全部読むのは無理だろうなぁ、と思いながら、でも明日になればさらに増える訳だから、できるだけ追い付いておきたい。

しかし、トラックバックやリンク元、あるいは興味深いコメントしている初めての人の所とか、見たい物がどんどん増えていくのだから、どこかで踏ん切りを付けるしかないのだろう。

ところで、「マイブログリンク - 最近更新されたブログ」の画面には12個しか表示されていないのだが、一番古いエントリで 17:17 になっている。それ以前のはリンクを一つずつ開いてみないとならないのだなぁ。

専用の RSS リーダーに excite のカテゴリを作った方がよさそうだ。

書く方も、途切れてしまうと再開するのが億劫になりそうだから、毎日何かしら書いていきたいのだが、余裕が無いとなかなか難しいのぅ。

ま、マイペースで進もう。
[PR]
by harryblog | 2004-03-29 21:16 | Network | ↑Top  
分身
昨日は長男の誕生日だった。

ワシの遺伝子が如何に強力かという見本のような息子である。顔はもちろん、性格も趣味も驚いてしまうほど似ている所がある。

サッカーをやっているのは遺伝ではなくて時代だろうが、3月生まれだから同級生に比べて身体は小さいのに負けん気だけは強いってのは同じだな。

有力チームでようやく選手にはなったらしいが、まだレギュラーではない。来月からは6年生だからチャンスは増えるだろうが、コミットメントが足りないところも親父似か。

奴の考えや行動は大体予測できると思っているのだが、本当にワシに似ているとしたら、親に見せる顔と外に出たときは別人になっている筈なのだ。

秋に実施されるであろうベガルタのセレクションが彼にとって最初の試練かも知れない。色んな選択を積み重ねて人生が創られていくのだから、自分がいいと思う決断をして欲しいが、やると決めたら死ぬ気でやれよ。
[PR]
by harryblog | 2004-03-28 09:19 | Family | ↑Top  
ワタシが ワタシを 知りたい
ブログのスタンス
(1)アナタに ワタシを 知って欲しい
(2)ワタシが ワタシを 知りたい
(3)ワタシが アナタを 知りたい

この (2) が難しいと感じている。

自分が自分自身にとって特別な存在だというのは当たり前で間違いないと確信できるが、その自分とは場の構成要素でもあり、他者および場全体との関係性により成り立っているのだから、切り離すことはできない。

文章を書くという行為自体に自分との対話という側面があるのだろうし、自分の文章を読み直してみて、何でそういう事を書いたのか改めて考えることもある。

ただ、それで知り得る自分とは一面でしかなく、それを誰かに伝えるという行為、そしてその反応を経て見えてくる物の方が大きい。

そもそも、何を書くか、あるいはどういう言葉を選ぶか、という動機からして場の影響を受けている訳で、それを閉じた内部で自問自答するだけで自分を知ることになるのだろうか?

逆に、公開を前提とすると本心ではなくなる可能性はある。少なくともワシは自分や他人が不快な思いをすることは避けたいから、仮に自分の中にそういう物があってもそれは抑えてしまうだろう。

それでも、鍵付きの日記でストレートに語るよりも、そういう自分に気付きながらも、場の中で関係性を構築・維持する為に書く方が現実に生きている自分を知る為に有効ではないかと思っている。

また、自分と異なる価値観に触れることによって、意識していなかった自分が表出することもよくある。読むだけでも触発されるが、コメントやトラックバックの機能を利用することによって、さらに自分の考えが明確になってくる。だから、(1) + (3) と (2) はコインの裏表だというコメントには大いに頷いた。

この元記事の xiaoxia さんのように、多くのキャッチボールが産み出される物を書きたいものだ。それが (2) へ繋がっていくのだろう。
[PR]
by harryblog | 2004-03-27 11:51 | Network | ↑Top  
さっきの続き
前のエントリのコメントへの返事になるが、全然怒ってはおらず、自戒というか反面教師的に参考にしようと思っている。

今日会った、個人開業している士業の人にも感じたのは、プロダクトアウト的と言うか、狭い専門領域に縛られてしまうと、なかなか受け入れて貰えないだろうな、という事だ。

コンサルタントのミッションは、客観的な問題発見・解決案のアドバイスだと思っているが、自分自身を客観的に見られていないのではないかという印象を持たれてしまったら信用されない。

専門知識・技術も必要だが、コミュニケーションやプロジェクトマネジメントと言った対人能力とか広い視野、柔軟な発想とかと両立させる事で初めて有効な物となるのだと思う。これって、コンサルタントの経営者に対する言葉そのもののような気もするな。

そして、それが出来る人ならば、メールやブログ等のコミュニケーションも上手だし、その内容も頷ける物になる筈である。それに他人からのフィードバックを受け入れられる、ってのは重要だと思っている。

これは別にコンサルタントに限った話ではないし、職業や立場に関係無く、自分が持っている物を出して、相手の意見・価値観も受け入れる、というやり取りが楽しいのだ。もちろん、それをしたくないという価値観も尊重した上で。

そういう訳で、昨晩からの議論は興味深いし、自分も上手くコミュニケーションができるように、参考にさせて貰おう。
[PR]
by harryblog | 2004-03-26 20:03 | Network | ↑Top  
メールマガジンとブログ
沢山のメールマガジンを購読している。

一般ニュース、IT 関連ニュース、経済・世界情勢、コーチング等のビジネススキル、マーケティング、プロジェクトマネジメントやシステムエンジニアリング等の専門知識、そして経営者やマネージャー向けの啓蒙物など、数えたことは無いが毎日 50 誌以上届いている。

基本的に未読は溜めない方針なのだが、ブログを始めてからは滞りがちになった。なぜならブログと比較して面白い物が少ないのだ。全く興味が無い分野とか姿勢に疑問がある人の物はすぐに購読中止するから、少なくとも当方にニーズがある物だけなんだが。

特にコンサルタントとか情報起業家とか称する人が書く物で読みたくなる物が少ないのはどういう訳だろうか?

一つは宣伝目的があるだろう。メルマガ自体やノウハウ等の情報も商品なのだから、広告・宣伝をするのは全く構わない。しかし、自己満足だけで内容が伴っていなければ却って逆効果だと思う。ユーザーニーズを把握できていないと自分で言いふらしているようなもんじゃないか?

もっとも、彼等のターゲットはワシのような偏屈オヤヂじゃなくて、もっと上昇志向の強い若者かも知れないから、とにかく露出度を高めればいいという考え方もあるか。

もう一つは実務というか、実践経験ではないかな? 実務で多くの人と関わり合っている人はやはり納得できる物を書く。また、数万人の読者を継続しているところも、それなりのフィードバックがあるだろうから、質は高まっていく。

ところが経験が少ない人は、知識を振りかざしてカッコ付けようとしているような印象がある。いわゆる底が割れるという奴だな。コミュニケーション能力の低い人では説得力が無い。むしろブログのように素直に心情を吐露するのであれば共感も湧くが、自分を粉飾するのは痛い。

ブログにしたって、全てのエントリが興味深いってのは稀だろうけど、より人間性が見え易いような気がするから、そこに興味を持てれば次も読む。

同じテキストによるコミュニケーションだが、やはりトラックバックやコメントの受け答えをほぼリアルタイムに共有できるというのは大きいし、書き手の成長機会を与えてくれるものだと感じている。

ところで上に書いた事は、「ブログのスタンス」というエントリを読んで思い浮かんだ事なのだが、話の筋が変わってしまうし、「儀礼的無関心」という考え方もあるらしいので、あえてリンクを張らずにひっそりと書いてみた。
[PR]
by harryblog | 2004-03-26 15:11 | Network | ↑Top  
シングルモルト
みんなでトラバろう![第1回:ほっとする飲み物]
from alegre (kameyan765.exblog.jp)

ニッカ仙台工場限定のシングルモルト15年物が好きだ。

食後酒として、もう今日はこれで何もする事が無いって頃に、一杯か二杯、舐めるように嗜む物だそうだ。

55 度の火が噴くが、それをチェイサーで冷ますと仄かな甘さが口中に広がり、二口目の芳醇さったら、ちょっと他では味わえない。こんな素晴らしい物を発明した人に感謝したくなる。

脳髄が痺れ、お気に入りの音楽でも聴けば、身も心も漂うまま。

ネットでも売っているが、これは 45 度の物だ。
シングルモルト宮城峡

現地では樽から量り売りしている。宮城・山形方面へお出での際は是非寄ってみると良い。作並温泉近くの森の中、広瀬川源流のほとりにある。
NIKKA 施設のご案内
[PR]
by harryblog | 2004-03-25 18:50 | Gourmet | ↑Top  
飼い主
「こら~っ! ブログなんかで遊んでないで仕事せんかい!」

「情報を集めたり、ネットワークを広げるのも仕事のうちでしょ」

「四の五の言わずに外へ出て稼いできなはれ!」

「年度末だからねぇ。まず今の仕事を片付けないと」

「で、ブログ? それって儲かるの?」

「あ、いや、だから… タマには息抜きも必要だし」

「じゃ昼休みだけだね」

「あのぅ、社長はワシなんですけど…」

「家に金も入れんと何がシャチョーや!
 ブログ禁止にして欲しいんか?」

「仕事します」
[PR]
by harryblog | 2004-03-25 12:07 | Network | ↑Top  
URL占い
元社長日記:URL占い&リンクからトラックバック

色んな物がありますねぇ。→URL占い

excite だとドメイントップだからあまり面白くないのかも。

<URLによる判断>
※あまり深刻にならないで下さい。
http://harryblog.exblog.jp/
ドメイントップのフロントページですので、特に性格といったものはありません。
このURLの総合的な吉凶は以下の通りです。

確実な発展の意味があり大吉です。華やかさには欠けるものの着実に発展していきます。


ついでに会社のドメインでやってみると…

破壊と滅亡の意味があり凶です。逆境に入ると全てが破壊されてしまいます。

なんじゃぁこりゃ~!
[PR]
by harryblog | 2004-03-24 18:26 | Pastime | ↑Top  
ページの先頭



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル