ITコーディネータ 針生徹 の blog
カテゴリ:Work( 6 )
| ↑Top  
血筋
ワシの親父は原稿締切遅延の常習だった。いやおそらく今でもそうだ。

平日はこっちも学校へ行くから知らないが、日曜とかに寝坊して1階へ降りると応接間には編集者が待機しているのが常であった。狭い部屋に手持ち無沙汰の数人が屯しているが、原稿受け取りなら一人で済むだろうからみんな違う出版社なのだろう。

その部屋はオーディオやピアノも置いてあり、子供にとっても遊び場の一つなんだが、使えるのは親父が不在の時に限られた。いや不在でも「お帰りになるまで待たせて貰います」という新米編集者に占拠されることもあった。どうせ夜中にならなきゃ帰ってこないのを知らんのか。

で、帰ってきてから一晩中原稿用紙は広げているんだが、同時にテレビもずっと付きっぱなしで、しかも映画とかだから当然筆は止まっている。

ワシが早朝サッカーへ行く時にチラと眺めると、前夜と同じ姿勢のまま砂嵐の画面の前で鼾を掻いている。やがて編集者が出勤してくると「今書いてるから」と蕎麦屋の出前のような言い訳を繰り返すのである。

今なら気持ちはよ~く分かるんだけどね。 ワシの場合はテレビじゃなくてブログであるが。
[PR]
by HarryBlog | 2006-09-12 13:23 | Work | ↑Top  
ダイエット
今日は久しぶりに仙台で仕事。

午前中は打ち合わせで出ていたが、午後は自社に籠もって原稿書き。字数制限のある文章は難しいなぁ。倍以上に膨らんでしまったのをどうやって削っていくか。

やはり、欲張りだから DEBU になるんだよな。 メシ食ってから考えよ。
[PR]
by HarryBlog | 2006-09-11 18:26 | Work | ↑Top  
宇宙語
おバカなウェブサーバーの所為で、ここ3日ほど無限ループに陥ってしまっていた。

ワシゃ SE であってプログラマじゃないんだし、基幹業務が専門で、ウェブアプリなんてほとんど素人なんだぜ。まぁ HTML や javascript ならなんとか書けるが、細かな制御をしようとするとセッションレスってのがどうにも困る。リッチクライアントたって、DB を丸ごと送る訳にはいかないしな。

項目数が多いんで、ページ全体を読み書きすると転送量制限に引っかかる。変更していない項目まで再送することになって実用にならないほど遅い。Iframe で分割し、多数の要求を同時に投げてみたらネットッワークの帯域が足りない。じゃぁってんで、入力された項目毎に非同期で通信する、流行の Ajax にしてみた。

手順自体はとても簡単だ。ブラウザが用意する XMLHTTP オブジェクトのメソッドを実行するだけ。URL を指定して open、ステータスが変わった(受信した)ときの処理を記述して send すれば OK。

ところが、これの戻り値でハマってしまった。Ajax の x は xml ってことで、DOM ツリーに対応したオブジェクトとして受け取れるってのが利点の筈だが、これがちゃんと返ってこない。CGI はウェブサーバーが用意する API を call するようになっているんだが、HTTP 応答ヘッダーの Content-Type をセットできないんだよな。汎用機の端末代わりだから、Windows PC への html 決め打ちのようで、Ajax など想定しておらんのだな。

ならば、responseText へ JSON を渡せばいいかと思ったら、今度は日本語が文字バケ。元ファイルに埋め込んで UTF-8 で保存した物はちゃんと返るが、CGI が動的に埋め込むコードは Shift_JIS にしかならないのだ。HTML にして charset を指定しても、受け取った段階でバケておる。これも、HTTP 応答ヘッダーの Content-Type に charset が書いてない為に判別不能で、UTF-8 として受信してしまうようだ。

しょうがないから、responseBody でバイナリで受け、VBS で文字へ変換して凌ぐことにした。全くスマートじゃないんだけどねぇ。

ウェブアプリ関連の情報はインターネット上にたくさんあるのは助かるが、その膨大な中から欲しい物を探し出し、読み、理解し、サンプルをテストし、自分のアプリに適用し、検証し、やっぱダメじゃん、振り出しへ戻る。これをやってると時間がいくらあっても足りませんな。

次々と出てくる色んな技術を組み合わせるとどんどんやれる事が増えていくような気がするもんだが、結局最後はどこかで「仕様です」って言われるんだから、あんまり欲張らずに枯れた技術の制限内で出来る事に留めておくべきなのかもしれないな。

宇宙語ばっかり増やしたってワシゃ喋れませんから。
[PR]
by HarryBlog | 2006-08-23 01:52 | Work | ↑Top  
目処は立ったが
TOC(制約理論)によれば、ボトルネックの能力以上に全体のスループットは上げられない。

大量データの並列処理もジャストインタイムに次工程へ投入できなければ結局遊休リソースが増えるだけである。ならば要求とは非同期に回答を受け取れるようにして、待ち行列へ入った要求を空いているリソースが処理するようにすれば、ボトルネックを通る量を増やさずに個々の応答速度は上げられるだろう。

と思ってトライしているのだが、受け取った回答が誰からの要求に対する物なのか判別して制御する部分が複雑になってしまったら本末転倒、そこが新たなボトルネックとなってしまう。また、全ての回答が出揃ったことを関知する仕組みが必要となり、とすると要求自体は時系列順次に受け入れるべきなのかもしれない。

一筋縄ではいかんもんだな。
[PR]
by HarryBlog | 2006-08-11 06:04 | Work | ↑Top  
手書き
ZeroMobile : 判官贔屓
my everyday life : やっぱり紙にかきかき。

ふむ。皆さんそれぞれ自分のやり方にこだわりがあるようで。

で、お二人とも方眼のマス目が好きだってところが面白い。 って、そういうワシも…
a0008364_1252272.jpg
どうせ真っ直ぐには書けないのだけど、罫線があるとなんとなく安心感がある。横線よりも、インデントが揃う縦線を重宝してるかも。

喋りが不得意なこともあって、「こういうイメージでしょうか?」と絵を描くときも便利。そのままコピー下さい、なんて言われることもしばしば。

PC は編集したり清書するにはいいが、現場でのコミュニケーションには手書きが一番。脳への刺激にもなるような気がするし。

そうか、最近はすぐに PC に向かってしまうから煮詰まっちゃうのかもなぁ。
[PR]
by HarryBlog | 2006-07-03 01:32 | Work | ↑Top  
デスマ
IT業界で昔から週休二日が定着していたのは、そうじゃないと続けていけないほど苛酷だからである。3K(きつい、暗い、帰れない)と呼ばれるぐらいだからな。土曜も出ると、もう死ぬ。

ところが、土日もやらなきゃならないケースが当たり前に多いのもこの業界なのだ。ユーザーの業務は休み無しだったり、反対に休日にしかできない作業が多いのも確かだが、そういうのは代休を取ればいい話であり、そうじゃなくて平日深夜まで目一杯やっても溢れて週休零日となっちゃうのが問題なんである。

見積、要求定義、開発手法、プロジェクトマネジメント、それぞれ未成熟で前近代的労働集中型の構造的欠陥なのであるが、いつまでたっても改まる兆しも見えないのは、実は最終段階で投入される火消しの存在にあるのかもしれない。

卓越した技能と不屈の精神で、もうダメだという状況でも微かな光明を見せ、発注側・受注側双方にとって、それまでの苦労を無駄に終わらせない落とし所を探るのであるが、それでなんとかなっちゃうと一向に反省しようとしなくなって、また同じことを繰り返すことになるのである。

ポジティブでエネルギッシュでオプティミスト、何が起きても動ぜず、むしろ楽しんでいる節すらある。こうなると、元々の無謀な納期が原因なのだから多少のバグやテスト不足による不具合はしょうがない、という気になってしまう危険は無いか? それじゃ、ずっと夜と休日も働く生活から抜け出せないのだぞ。

毎日問題が発生するのが当然で、偶に何も起きないと拍子抜け、客先都合で早く終わらなきゃならない日などなんとなく欲求不満になってしまう、なんて完全に病気だよ。お祭りじゃないんだからさ。
[PR]
by HarryBlog | 2006-07-01 22:19 | Work | ↑Top  
ページの先頭



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル