ITコーディネータ 針生徹 の blog
カテゴリ:Bike( 6 )
| ↑Top  
マニア
コメント一覧から順番に返事を書いている最中に新たにコメントが入ると気付かないもんであるが、1対1で返事するようにしておけばコメント数が奇数になっていると漏れがあるということなのだな。

自戒録 by hito von Frizburg : 【二台目】 Ducati 【入手♪】

奴は女だけじゃなくバイクも次々と乗り換えてきてるのだが、やっぱり高校時代に長く乗っていたミニトレのイメージが一番強く残っている。ちっこくて喧しくてどこでも平気で走っちゃうし、まぁそれなりに速かったりというところも本人に似てるし。

で、そのミニトレの模型はどんなもんか、と検索してみると…

すんげーっ! マニアっつぅのはここまでやるのかぁ

yamaha gt 50

Gallery には他にも男心をくすぐる作品がたくさん載っている。

こういう趣味に没頭するおじさんってカッチョエエのぅ
[PR]
by HarryBlog | 2008-04-12 07:47 | Bike | ↑Top  
YAMAHA Zeal 250
a0008364_201156.gif化け物レプリカに恐れをなした、って訳ではないのだが、もっとゆったりツーリングできるバイクが欲しくなった。なにより極端な前傾姿勢が辛い。そこで買い換えたのがこれ。

まだ結婚前、その後奥さんとなる人を後ろに乗せて海を見に行った想い出があるが、間もなく手放さざるを得ない事件が起こった。

ある日、駐車違反という条項が適用されない筈の仙台で、職務に忠実な若い警察官に切符を切られてしまったのだ。

まぁいいさ、若い頃と違って履歴も無いし、恵まれない人々への寄付のつもりで、反則金を納めてやった。ワシは愛国者だからね。

数日後、件の警察官から電話があった。

「すいません、手違いでした。反則金は返還します」

ほぉ、素直な若者は好きだぜぃ。

「その代わり、裁判所へ行って頂きます」

ん?

「あなたの運転免許は1ヶ月前に失効となっていました」

な、なんだと~!

ワシは優良ドライバーだから免許証など見る機会は滅多に無い。半年以上前の誕生日が更新時期だったなんて夢にも思わなかった。当時は安全協会に入会しないと通知も来ない。

って訳で、既に免許が切れていた後に購入した新車は僅か数ヶ月で最後のバイクとなったのであった。
[PR]
by harryblog | 2004-06-12 20:13 | Bike | ↑Top  
ZXR250
Kawasaki カラーのライムグリーンなどの派手なレプリカもあるが、ワシは渋いブラックにした。
a0008364_122859.jpg

水冷4サイクル並列4気筒 DOHC 4バルブ、40ps/15,500rpm。こりゃ公道を走るスペックじゃねぇよな。8,000 回転以上を維持しなきゃだからとにかく忙しいのだが、そこからスロットルを回すとそれこそロケットのように強烈な加速が始まる。

峠では、よっぽど静かに開けないと膝を擦ったままフロントが浮き上がるので、次の逆バンクが恐ろしくてしょうがない。

なんでこんなん買っちゃったんだったかなぁ? 250cc にしちゃ割高だった筈だし… 当時付き合ってた若い娘の影響だったっけ? 覚えてねぇよ。

純正マフラーでもかなり高音域だが、それより高回転でのエンジン音が金切り声のようだ。これで北海道へツーリングへ行ったとき、この音と極端な前傾姿勢を長時間続けていると脳味噌が溶けていく感じだった。

こんなもん 30 歳過ぎてから乗るもんじゃねぇな。
[PR]
by harryblog | 2004-06-06 12:30 | Bike | ↑Top  
VF400
軽だけでは行動半径が狭まってしまうので、25 歳にして念願の自動二輪免許を取得した。とりあえず中型である。

400cc までってのは中途半端だよな。攻めるなら、ガンマや RZ の 2 スト 250cc だろうが、ロングツーリングなら少しでも排気量は大きい方が楽だ。

という訳で、やはり愛着のある HONDA で、400cc で当時最高の 53ps の VF400 にした。水冷 V 型 4 気筒 DOHC 16 バルブってことで、低速からスムースで、かつ 7000 rpm 辺りを超えると別世界になる。

ただ、純正マフラーは思いっ切りショボイ音なので、右側2本出しに換えた。低回転では太く、回転数とともに音域が高くなるエギゾーストノートに痺れる。

他はセパハンとバックステップぐらいだったのだが、一度磐梯辺りの崖から転落したのを機に、ハーフカウルに4輪用ドアミラーを装着した。インテグラなどのレプリカフルカウルよりも街道っぽくて気に入っていた。
a0008364_215745.jpg

バイク仲間は首都圏だったので、毎月のように上京していた。箱根のつばきライン辺りを徘徊して日帰りしたこともある。台風とともに帰ってきたときは、ワシの上だけ雨が降っていたなんてことも。

東北でも、予定の無い日曜日は一人でブラリと乗りに行く。蔵王とか八幡平とか楽しめるコースも多い。高い位置からの眺めが傾いていく様は4輪では味わえない景色である。
[PR]
by harryblog | 2004-05-30 21:43 | Bike | ↑Top  
Passol
117 coupe に乗っていた二十歳頃に実家が生田の山の上へ引っ越した。ワシは南青山へ通っていたので、通勤用に買ったのがこれ。
a0008364_9922.gif

ヤマハパッソル。色はクリーム。これは新車で購入した記憶があるな。原チャリと言えばスクーターとなるブームの先駆けだった。

45km/h までのメーター通りそれぐらいしか出ないし、3 リットル弱のタンクはすぐに給油が必要となるが、都内の渋滞を抜けるには最適である。

生田~南青山まで 30 分ちょっとで通えたし、股の間に結構大きな荷物も積める(違法だけど)ので、東急ハンズへの納品などにも使っていた。

街中では絶対的な強みを発揮するパッソルであったが、以前書いたようにこれで仙台まで来たときにはさすがに死んだなぁ。計 15 時間、何回給油したか覚えておらん。

最近のスクーターならともかく、当時のパッソルはツーリングには向いていませんな。ってか、そんなこと考えないか、普通。

仙台でもしばらく乗っていたのだが、ほどなく盗まれてしまった。
[PR]
by harryblog | 2004-05-30 09:10 | Bike | ↑Top  
CB50
サッカー部に入っていたので、放課後・休日は練習か試合である。高校時代はバイトしたこと無く、教習所へ通う金もヒマも無かった。

当時は自動二輪に中型・大型などという区別は無く、教習所さえ出れば何 cc でも乗れたのだから、後から思えば随分勿体ないことをしたものだ。

仲間達は CB750 , TX750 , GT750 そして Z2 と各社の旗艦マシンで向こう側へ挑んでいた。H2 マッハとか GT サンパチなんていう 2 ストのかっ飛び屋もそれに絡む。

そんな奴等を尻目に、ワシは原チャリにロマンを見いだそうと、手に入れたのは、ホンダドリームベンリイ CB50。
a0008364_8396.jpg

誰からいくらで購入したか全く覚えていない。まぁ高校生のこづかいで買えるぐらいだったのだろう。もちろん改造なんてする資金も無く、マフラーの芯を抜いたぐらいだった。あ、自分で塗装もしたっけ。

原付だと、ミニトレとかハスラーといった 2 サイクルの方が有利だが、そのけたたましい高音とオイルを焼く煙よりも、ボボボッという低音と古き良き時代のレーサーっぽい CB50 の外観が好きだった。

暖気にちょっと時間が掛かるが、グリップを握り直さないとフルスロットルにならないほど、低速から最高 70km/h ぐらいまでスムースに回り、長いタンクに 7 リットル満タンにすれば、かなり遠出もできた。

何 10 回とコケたけど、高校時代はず~っとこれ1台で色んな所へ行った想い出深いマシンである。
[PR]
by harryblog | 2004-05-30 08:40 | Bike | ↑Top  
ページの先頭



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31