ITコーディネータ 針生徹 の blog
たまにはトラックバックについて
なんか検索機能の話題が続いてしまったな。

検索機能は、調べたい物があったり、未知との遭遇を期待するときには便利かも知れないが、ブログの持つもう一つの魅力はトラックバックによる繋がりなのである。

自分の記事にトラックバックされたり、巡回コースで見つけたエントリから辿ることも楽しいのだが、これだと横から横へと渡り歩いたり分岐したりして、必ずしも一つの話題についての意見の集まりを俯瞰するようにはならなかったりするし、見落としてしまう物も多いだろう。

何らかしらのテーマがあるときは、多くの意見の構造が見渡せるハブのような所があればもっと効率的だろうし、そういう関係性そのものから得られる物も多いのだ。

エキサイトにもトラックバックセンターがあるが、カテゴリが大雑把過ぎるし、週替わりテーマも万人向けなのか、あまり書きたい・読みたい物は少ない。それに参加者が有象無象(失礼!)というか玉石混淆(もっと失礼か?)なので、ほとんど見る気はしない。だいたい、トラックバックが 1,000 以上もあるんじゃ、どっから見ろっちゅうねん。コンテンツフィルターという意味合いは全く無いねぇ。

そういうこともあって、ユーザー自身が発案した色んな企画が大盛況となっているのであろう。ネタ系というか、エンタテイメント的な物のレベルがかなり高いのには驚くばかりだが、期限を設け、主催者を持ち回りするようになっていることで、厭きさせないテーマと適度なトラックバック数を維持しているようだ。

これはこれで楽しいのだが、いっそのこと専用のブログを開設し、そこへ集う人々が掲げたテーマについて自由にトラックバックをしていこうという動きも出てきた。

その一つにエキブロ総合病院がある。医療関係者の集まりだが、患者やワシのような不健康な一般人も出入りしておるし、ブログなのだから当然誰でもコメントやトラックバックが可能だ。

そんな中でどうやって有意義な物を創り上げていくか模索しているところである。これは医療だけではなく、リアルの職業人とのバーチャルな関係として興味深い試みだと感じている。

専門家集団とは言え、あくまでバーチャルのコミュニティである。リアルの病院と同じことはできないし、でもだからこそ、という存在意義があるのではないかと期待したい。それは、この病院の理念や院長による紹介文にある通りであり、イチゲンさんも含めた参加者自身で創っていくしか無いのである。

そして、そのツールとしてせっかくブログを使うのだから、トラックバックを有効活用していこうという提言があった。

開院おめでとうございます・・・新生児集中治療室から
from こどものおいしゃさん日記

この意見にワシも賛同する。BBS とは異なるブログの特性を活かしていこうということもそうだが、最も得心したのが発言者の責任についてである。
オンラインではオンラインで書いたコンテンツで勝負するしかありません。それも、発言者が意識して書いた内容ではなくて、その内容を発言者に言わしめた「構造」が、発言の説得力を規定するのではないかと思います。該当の発言者が各種の問題に対して発言した内容から鑑みてこの発言者の人格はこうなのだろう、知性の程度はどれくらいなのだろう、価値観のバランスのとれ方は公平なのかどうか、問題を分析する基本的なスキームとして何を採用しているか、その他もろもろ。

大事なのは「各種の」ってところだと思います。同一の(同一と称する)発言者の発言内容を複数の話題についてチェックすること。それを可能にするのが各種の話題に発言者のブログからトラックバックで言及していくという発言方法だと思います。過去に書いたコンテンツが、今のコンテンツの責任性の担保になります。いい加減なことを書いたら過去の文章の信憑性まで問われる羽目になる。
是非引用元の全文を参照して欲しい。こういう文章を書く人と繋がることができるのも、ブログならではであり、ワシにとってはこれだけでもエキブロ総合病院に参加した意義がある。

さらに、これを受けてすぐさま院長はじめ関係者によって、エキブロ総合病院が望ましい方向を目指して歩き出したところも、問題解決に当たるプロフェッショナル集団として参考にしたい。

こういう試みに参加できるのは大変ありがたい。これから自分がどういう形で関わっていけるかは未だ不明だが、色んな問題に対する新たな解決の糸口となれるようなネットワークを一緒に創っていきたいものだ。
[PR]
by harryblog | 2004-08-19 18:26 | Network | ↑Top  
<< 包囲網 ページの先頭 blogWatcher >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31