ITコーディネータ 針生徹 の blog
メルトダウン
アメリカの原発で事故が起こったら、原子炉を溶かした超高熱が地球の内部を貫いて中国まで達するというのがチャイナ・シンドロームである。
当然のことだが、高温の核燃料が地表を溶かしたとしても裏側の地表まで到達することはありえない。そもそも、地表を溶かすほど高温になる前に核反応が停止するであろう(もちろんその場合でも、周囲に甚大な被害を与えることは間違いない)。また、アメリカの裏側は中国ではない。
とあるように、冗談から生まれた言葉である。

一方、「西洋人は化学調味料を食べると手足のしびれや不快感を訴える」と美味しんぼで山岡士郎が解説していたのがチャイナレストランシンドロームである。

中華料理店症候群 - Wikipedia

これも都市伝説、と言うか、そりゃ大量に摂取すればどんな食物だって身体に何らかの影響はあるだろうし、中華料理を食べて舌が痺れたり胃がムカムカするのは調味料よりも油の影響の方が大きいのじゃないかと思う。

ただ、無害と言われるグルタミン酸ナトリウム(味の素)などの旨味調味料も、これに慣れると味覚が麻痺とまでは言わなくとも量が増えていく傾向はあるようだ。

ワシが醤油屋をやっていた頃も、田舎へ行くほど新式醸造という醤油が売れた。これは脱脂大豆を酸で直接分解したアミノ酸液を混合発酵させた物なのあるが、豆と麹と塩のみの本醸造と比べるとやはり味が強い。たっぷりと味の素を振ったお新香にさらにこの醤油を掛けて食べていたら、塩だけの一夜漬けなどは物足りなくなってくるだろうね。

京料理をけなした信長に思いっきり濃い味付けで出したら満足したというように、総じて田舎料理は味が濃い。食糧事情もあったのだろうし、肉体労働が多いってこともあるのかもしれないが、これに化学調味料で旨味を増したら、負けないように塩も砂糖も増えていくだろう。

で、炉心溶融した胃が元に戻る半減期はどれぐらいだろうか?
[PR]
by HarryBlog | 2009-08-16 17:32 | Diary | ↑Top  
<< おふくろの味 ページの先頭 杵柄 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30