ITコーディネータ 針生徹 の blog
(3) スイス 1982.6.29 - 6.30
「次はパリへ行こう」

はいはい、5日も一緒に居ればこの人が思いつきで行動するってのは分かってきたよ。

ミラノからは 1,000 km 足らずだから1日で走れないこともないけど、二日酔いでアルプス越えってのはきつい。 地図を見ると、借りているクルマの名前と同じアスコーナってのが湖畔の別荘地のようなので、そこで体調を整えてから山道へ突入することにしようぜぃ。

マジョーレ湖の南端までは高速で 30 分ほど。 国境ではパスポートを見もせず、またもスタンプ無し。 湖の中に建っている城を眺めながら2時間ほど走るとアスコーナ着。

予想通り静かな保養地のようで、湖を一望できる山の上の高級そうなホテルを取り、水着に着替えて湖畔に降りてみるが、泳いでいる人はほとんど居ない。金持ちの年寄りがヨットやボートなどで優雅に遊ぶ場所らしい。日本を出てから1週間、ずっと移動していて、それはワシの性に合ってはいたけど、こういう風にゆったりと時が流れる中に身を置くのも必要だなぁ。

プライベートビーチのような浜辺に寝転んでいるうちに酒が抜けてきたのでフレンチフルコースの夕食時は当然のようにワインを味わい、部屋で西ドイツ対イングランド戦を見ていたが、ミスばかりで点が入らないから途中でそのまま眠りに落ちる。

さて、翌日はいよいよアルプスである。最初のうちこそ広大な斜面の奥に雪山が連なる、ハイジの世界のような景色もあったが、最高峰モンブランやマッターホルンのあるヴァレー地方とアイガー、ユングフラウ等のベルナー・オーバーラントの間の谷へ入ると両側が壁となって何も見えない。谷と言っても標高 600m ~ 1,000m ぐらいはあり、かなり肌寒い。

フランス語圏に入ってようやく高速道路があった。レマン湖沿いにモントルーからローザンヌ、そしてジュネーブまで一気に走り抜けたが、碧い湖面に映る対岸のアルプスはまさに絶景!

ここはもう一度行きたいなぁ。 湖畔を走る電車で一駅毎に泊まってもいい。 そして〆はもちろんモントルーでジャズフェスだよな。
[PR]
by HarryBlog | 2009-07-12 22:54 | Travels | ↑Top  
<< 三連休 ページの先頭 Towards Digital... >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31