ITコーディネータ 針生徹 の blog
ガキねた
タマには親バカ話も書いてみよう。

izumi家の二男

izumi さん所とは毛色が異なるようだが、ウチの次男(8歳)もなかなか面白い奴である。

独自の世界を持っている。学校ではいつもボ~っとしているらしいが、図鑑とか歴史のマンガとかを擦り切れるほど読んでいるから、驚くような事を知っている。

何の話だったか忘れてしまったが、次男が何か面白い事をやったのを、「いつのことだ?」と訊いたら、「慶長元年」とか返してきたときは一瞬目が点になってしまった。

時間の進み方も普通とはちょっと違うようで、母親はいつもカリカリしている。叱っているのではなく、喧嘩しているのだ。でも次男には柳に風というか馬耳東風(最近奴は四字熟語に凝っているらしい)である。

 母親「食事のときはちゃんと背筋を伸ばしなさい!」

手で自分の顎を上へ引っ張りながら、

 次男「ゴム人間じゃないんだから、伸びる訳ないだろ」

ワシ自身も真ん中だったけど、上から抑え付けられ、下からは突き上げられる、中間管理職の悲哀を味わってきた。特に小さい頃は上に敵わないという事実を受け入れるのはかなり抵抗があった。それが同じ男の兄だったらなおさらだろう。

で、俺は俺だ、と自分の世界へ入るのだろうか? 「自分が一番、次男」というダンゴ三兄弟の歌詞に納得してしまうが、性格にもよるだろうな。

そんな次男をもっと知りたくて、昨年二人だけで旅行した。長男と末の娘からは大ブーイングだったけど、君達はまた別の機会にね。と言うか、長男とはサッカーで色んな所へ一緒に行ってるし、娘はまだ母親が居ないと難しいでしょ?

友人宅でのセッションにも付き合わせたのだけど、結構楽しんで居たようだ。家で見るのとは違う、社交性や逞しさも知ったし。

4月からは担任もクラスも変わる。勉強はいいから、波長の合う友達を見つけて、どんどん面白い事件を起こしてくれるよう期待している。
[PR]
by harryblog | 2004-03-19 11:37 | Family | ↑Top  
<< なんだかなぁ ページの先頭 泣き虫 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31