ITコーディネータ 針生徹 の blog
素人
Youtube 等でアーティスト名や曲名で検索するとアマチュアのカバー演奏もたくさんヒットする。公開して何らかの反応を貰うと嬉しく励みになるのはブログでも同じだから、発表の場が増えるのはいいことである。参加することに意義があるカラオケなどはどうぞご自由にお楽しみくださいって感じでスルーするが、楽器演奏だと参考になるかと思って見てみる。

確かに参考というか教訓にはなるな。第三者が客観的に聴くと、「へー、お上手ですね」と棒読みせざるを得ない演奏が多いのだ。

クラシックのピアノとかを習っていた人に多いような気がするのが、楽譜通りに弾くことが目的になっちゃってるケース。楽譜ってのは共通言語として歴史を積んで様々な工夫がされた優れた物だとは思うが、あくまで記号なんだからそれをデコードして奏者の感性で展開することが大事なんだということに気付いているかどうかで聴き手に伝わる物は大きく違ってくるように思う。ページを捲って拍が乱れるぐらいなら暗譜してしまえと思うし、少なくとも主旋律とコード進行との対応ぐらいは頭に入れておかなきゃ自分が今どこに居て次はどうなるのか、迷子になってしまうと思うんだがな。

カバーなんだから元演奏がある訳で、それを模倣するばかりが能ではないけれど、プロのお手本があるのだからもう少し聴き込んでみて曲を自分なりに理解してから弾きなさいと言いたい。だいたい初心者~中級者用の売り譜ってのは弾き易いようにアレンジしてある物が多く、ただそれをなぞるだけでは他人に聴かせられる物にはならないだろう。音符の書いてある位置で発音する事は守ろうとしても、それが繋がったメロディや音が重なったハーモニー、そしてそれらの区切りであるリズムという3要素全体のバランスで音楽となる事を、譜面を追ううちに忘れてしまうようだ。

技術の未熟は練習時間の限られたアマチュアでは仕方ないところもあるが、基礎の基礎である打鍵や撥弦のコントロールができていないってのは、サッカーで言えば味方へパスを通すキックができないのと同じで、これじゃ試合にならない。運指自体は練習しても、音をちゃんと鳴らすということに無頓着すぎる。強弱ということもそうだし、音符の長さ分だけ持続しないのだよな。それをペダルの濫用ってより踏みっぱなしで誤魔化すから楽器本来の響きまで損なわれてしまう。まぁ風呂で歌うのは気分いいもんだけどねぇ。

音楽とは音を楽しむってことで、やってる本人が楽しければ結構だし、一曲通して弾けるようになるだけでもそれなりの努力は必要なんで、それが出来た時には誰かに聴いて貰いたくなる気持ちも大いに分かる。でもさ、せっかく楽器を操る能力を得たのなら、努力の方向を間違わないようにした方が幸せになれると思うよ。

「自戒」とは「自分の事を棚に上げる」という意味だという教え(あの hito は今?)に従って、勝手な感想を書き連ねました。 さらに精進しましょう。
[PR]
by HarryBlog | 2009-03-29 11:13 | Diary | ↑Top  
<< 押し込み ページの先頭 痛し痒し >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30