ITコーディネータ 針生徹 の blog
へびろて
今週はずっと中島美嘉ばっかり聴いていた。 何を今頃…と皆さんから言われておるが、もうベタ惚れ、ぞっこんです。ルックスとシンデレラストーリーだけのアイドルかと思って食わず嫌いしていたけど、さすが歌姫と呼ばれるだけの魅力を持ったシンガーだった。

ちょっと掠れた声は好みが分かれるところかもしれず、音域や声量が頭抜けている訳でもないし、ライブではちょっと音程が怪しいところがあるような気もする。でもそれを含めて、音の向こうの人間を感じさせる表現力は大したもんなんである。

Best DVD では曲毎に全くの別人としか思えないコスチュームでヴィジュアルも楽しませてくれるが、音楽的にも芸域は幅広い。色んな路線に挑戦して成長してきたようで、そんな彼女の可能性を引き出す楽曲にも恵まれている。

全アルバムを通して聴いてみるとシングルカットされていない曲にもいい物が多いのだが、今のところワシの一番のお気に入りの曲は「桜色舞うころ」だな。季節や人生の移ろい、変わる物と変わらぬ物を耳に残るシンプルなメロディの繰り返しに乗せた名曲と言っていいと思う。作詞作曲者である川江美奈子本人弾き語りバージョンもまた別の味があるね。

ヘッドフォンでそれぞれの音の在処を確認していると、これぐらいの構成なら別に耳コピモードにならなくとも無意識にコードを追っている。なぁんて、ワシゃ絶対音感なんぞ持ち合わせておらんから、ルートからの相対関係だけなんだが、度数と調性ぐらいは推定できる。基本ダイアトニックの進行であるが、繋ぎのセカンダリ・ドミナントに ♭5 とか ♭9th などのテンションを利かせているのがカッチョエエ~

で、これに乗る中島美嘉の歌は、これはもう伴奏と同じ大きさの音符では表せないだろうというほどの存在感である。力を抜いた自然な歌い方なのに、とても空間的な広がりを感じる声で、まるで映画でも観ているように引き込まれていく。

こりゃしばらく中毒になりそうだよ。
[PR]
by HarryBlog | 2009-02-07 23:32 | Music | ↑Top  
<< 深いのぅ ページの先頭 完全武装 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31