ITコーディネータ 針生徹 の blog
兄弟
朝が弱くて、出席日数と単位が足りなくなって高校2年で留年してしまい、普通ダブったら年下の同級生達とうまく付き合うのが難しくてグレちゃたりするもんだが、友達の数が倍になったと言って平然とそれぞれの学年の奴と仲良くなり、修学旅行にも2回行けたとか自慢しながら、やっぱり朝は起きられない弟を見てるとついイラついてしまう。

同じく朝が弱く、自分自身の見たくないところを鏡のように見せ付けられる思いだっただろう母親ほどではないと思っていたのだが、ワシも知らずにきつく当たっていたかもしれない。こちらも単位は危なかったものの朝だけは無駄に強かったからな。

結局高校は中退し、スキーカメラマンにくっついて数年山へ籠もったり、売れない雑誌の編集者をやったり、かと聞いてたら、しばらくするとイベントホールのディレクターになってたりと、今のフリーターよりも本来的な意味で自由人的な大人になってから久々に会って言われた。

 「兄貴は恐い、という想いしか記憶に無い」

自覚が無かった訳ではないが、そんなに恐れられていたとは知らなかった。まぁ、今思えばイジメというか、鬱憤晴らしみたいなところも多分にあって、弟にしてみれば理不尽な虐待だと思っていたのかもしれない。

でもさぁ、やっぱり我が儘、自分勝手なんだよな。わざと相手が怒るような態度を取って、でもって親が見てると被害者ぶって泣いてみたり。どっちが理不尽だってぇの。しかも、同じようなことワザと何度も繰り返すし。だから余計に腹立つんだよ。

で、長男君と次男君を見てると同じことやってるねぇ。「兄貴は辛い」と同情したくなる時点で既に客観的とは言えないのかもしれないが、やっぱり次男の方が得してるような気がするな。

ま、色々あるだろうけど、お互い大事にしろよ。
[PR]
by HarryBlog | 2008-11-25 00:17 | Family | ↑Top  
<< どーでも ページの先頭 平日記 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31