ITコーディネータ 針生徹 の blog
Tokyo Jazz 2008 report 5
さて、大物が続いた最終日のトリを飾るのは Fourplay である。

キャリアやネームバリューでは格上と言えるかもしれない長老達を前座へ追いやった形であるが、彼らの演奏が始まってみればやはり千秋楽結びの一番に相応しいクォリティだと納得させられる。なにしろ一流×4人だからね、しかも今なお進化し続ける現役バリバリだ。

前の3バンドがお祭り的な賑やかさだったのが一転、ピアノ・ギター・ベース・ドラムスというシンプルな構成になり、却って空間が広がった印象がある。力を抜いて一つ一つの音を大事に鳴らすことで空白も含めた壮大な宇宙を感じさせてくれるのだろう。PA のセッティングも昼からずっとこれに合わせてあったんじゃないかと思うほど音響も良くなっているみたいだぞ。

懐かしの "CHANT" でスタート。この頃の Ritenour 時代はよく聴いていて、ライブビデオも繰り返し観たなぁ。おぉ、ワシのデビュー曲でもある "101 Eastbound" までやってくれた。もう涙チョチョ切れだよ~


で、Carlton に変わった最初の "4" はちょっと戸惑いがあったのが正直なところだったんだが、既にそれから 10 年、今じゃ Carlton こそがこのバンドに合ってると感じる。リードでのブルースフィーリングもそうだけど、バッキングでもきっちりしたリズムの上で Bob James が創り出す大人の洒落た雰囲気に欠かせないサウンドを提供しているのだな。


とにかくね、メンバー全員がどうすればカッコ良くなるか熟知していて、しかもそれを実現できる技術とコンビネーションが備わっているのだよね。あのパントマイムと言うかストップモーションみたいなのもエンタテインメントとして素晴らしいが、ああもピタっと同期できるなんてもはや人間業ではないな。

もちろん演奏の方も人間離れ、CD で聴くよりも完成度が高いと感じるのだから驚きだ。音だけでなく、場の空気全てを操られちゃ虜になるしかないね。はい、降参です。

そして、それはアンコールの "Bali Run" が終わってもまだまだ続くのだった。





ボブ・ジェームス(p)、ネーザン・イースト(b,vo)、ラリー・カールトン(g)、ハーヴィー・メイソン(ds)

1. CHANT
2. BLUES 4ORCE
3. 101 EASTBOUND
4. FORTUNE TELLER
5. AMAZING GRACE
6. TALLY HO
7. encore BALIRUN

[PR]
by HarryBlog | 2008-09-23 17:33 | Music | ↑Top  
<< Tokyo Jazz 2008... ページの先頭 またココ >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31