ITコーディネータ 針生徹 の blog
枕草子再び
大谷幸と『枕草子』 -Art Ensemble of Music-
a0008364_14365630.jpg
3月に観たときは有線の流れる商店街で寒さに震えながらだったが、今回はドコモビルロビーの特設ステージで椅子も用意されていて、1時間ほどのミニコンサートでも二人が創る宇宙をたっぷり楽しめた。
vocal:愛華
発音が独特で楽器的な印象も受けるが、この美しい顔から出てくるのが信じられないほどの圧倒的なパワーを持った声である。息の使い方が絶妙で、心に染み入るハスキーな囁きから天をも貫くようなロングトーンまで自由自在、歌に映像的な彩りがある。

彼女が紡ぐ詞やアイデアもエキゾティックで、大谷の曲と相俟って、どの時代のどこの国の歌を聴いているのか分からない、不思議な浮遊感を味わえる。

海外を歩くと様々な文化や風習があり、それによって育まれた価値観の多様さに驚くのだが、でもやっぱり同じ人間だから通じ合うことを知って嬉しくなる。あれと同じ感覚だな。

piano:大谷幸
Wikipedia を見ても分かる通り、幅広く長いキャリアを積み重ねてきた中で自分が創りたい音楽、伝えたい物を確立し、愛華という類い稀な表現者との出会いによってそれをさらに進化させている。

音楽にジャンル分けなど不要と納得させる独自の世界なんであるが、意外と素直に受け手の中に入り込んでくる。

おそらく初めて聴く人がほとんどだっただろう会場も既に彼らの色に染まっており、新曲では手拍子で乗せて愛華が泣きそうになるくらい感動させたようだ。

いやいや、感動を貰ったのはこちらの方だ。大谷のピアノで揺れる身体に愛華の唄が突き刺さり、しかも曲の表情によって刺激される部位が変わると、日常の中で忘れかけていた感覚が呼び起こされ、生きていることの豊穣さに心が震えるのだな。

お陰でいい時間を過ごせたよ。一緒に連れていった子供達も何か感じてくれただろう。
[PR]
by HarryBlog | 2008-09-14 17:08 | Music | ↑Top  
<< 屋外 ページの先頭 街中に音楽が響く日 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30