ITコーディネータ 針生徹 の blog
⑤ Fortaleza
目次

今度のバスの旅は山あり大平原あり、変化があって楽しめた。教会が一番高い建物という小さな集落をいくつも抜けて、小高い山を越えると出現したのが大都会、フォルタレーザだった。サンパウロ以外では今まで行った中で一番デカい。そして海が美しい観光地でもある。

市内バスに乗り換えセントロへ。どれがメインストリートか分からないぐらいどこも凄い人で溢れていたが、もうだいたいどの辺りにワシが泊まるような安宿があるか心得てきた。家族経営で長期滞在者が多く、会話の練習にはもってこいだ。

いろいろ観光スポットもあるようだが、この灼熱の太陽とくれば何はともあれビーチである。宿の娘に道順を尋ねると、隣の部屋の娘も行くから連れてって貰えるように話をしてくれた。

確かに綺麗な海である。透き通る海に長く白い砂浜。できれば海岸沿いの高層ホテルに泊まってヨットやバギーを繰り出すような身分になりたいものだ。いや、砂浜に溢れる美人達の水着姿を眺めるだけでも目の保養にはなるが。
photo by Brazilonboard
彼女がサンバの店へ行くと言うので一緒に付いていく。ワシが喋れないのもあるけど、どうもこの娘とはウマが合いそうにないなぁと思っていたら、店で友達を見つけてあっさりバイバイされちまった。ま、道案内ありがとう。

店と言うよりは、海の家である。露天にステージを設け、生バンドの演奏に合わせて水着姿の無数の男女が踊っている。ワシゃ音楽としてはクールなボサノバの方が好みなんであるが、この太陽の下ではやっぱりサンバだね。鼓動のような二拍子に自然と身体が揺れてくる。

とにかくビールが旨い! すんごく久しぶり。 農園では居候だったし、下痢、蕁麻疹と続いたこともあり、治った後もあまり呑む気がしなかったからね。冷えたジョッキを一気に空けると、太鼓のリズムとともに脳関門を破ってトリップへと誘う。ピンガに切り換えると鼻に付く甘ったるさを感じる暇も無くアルコールエキスが身体中に染み渡る。生きてて良かったぁ~

女の子と目が合うと最高の笑顔で返してくる。ヨーロッパ系、アフリカ系、インディオ系が混ざるとこんなにも美しい顔になるのか。東洋系はほとんど居ないから、ワシなんて珍しいんだろな。

「一緒に踊ろうよ」 「踊り方知らないんだ」 「アタシが教えたげる」

うぉっ、逆ナンパでっせ。こんな可愛い娘に声を掛けられるなんて幸せ許されるんだろか?

ダンスってのは決まったステップをみんなで合わせるもんだと思ってきたからちょっと躊躇したが、サンバはお祭りなんだから音楽に乗って自然に動く身体に任せりゃいいんだね。ファンクのツーステップみたいなもんだな。こちらはフォーステップで一回り。

汗だくで踊りまくり、アルコールを補充してまた踊る。真っ赤な夕焼けの下、憑かれたように延々と踊り続ける。知らぬ間になんか輪の中心に居たりして、もしかしてワシって人気者?
[PR]
by HarryBlog | 2007-07-01 07:44 | Travels | ↑Top  
<< ⑤ Fortaleza (La... ページの先頭 ④ Sã... >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30