ITコーディネータ 針生徹 の blog
グダグダ
仙台は親父の生まれ故郷ではあったが、ワシ自身は東京生まれ、奥さんは秋田出身であり、近い親戚は周囲に居ない。

下の二人が産まれた時、奥さんの入院中はワシ一人で上の子の面倒を見ていた。2歳違いだから既に喋れたし、一緒に出勤して社長になって貰ったりしていた。


数日だけなら父子だけの生活もまた楽しいもんである。

しかし一つだけ困ったのは、オムツと言うかウンチである。ワシはとにかく臭いに過敏で、異臭を嗅ぐと気管に蕁麻疹が出て咳が止まらなくなり、嗚咽を繰り返すうちに吐いてしまう。

ウンチというイメージが頭に浮かんだ瞬間に全身が緊張し汗が吹き出てくるのである。ウンチするなら病院へ面会に行く時間に合わせるように、と命令してはみたものの、二歳児がそんなコントロールできる筈も無く、さらにワシの手料理が排出を加速させたのか、目一杯元気に遊ぶ度にいつでもどこでも快調に出し続けてくれた。

親の心子知らず、ではあるが、そこは愛の力でなんとかするしかない。意を決してタオルでマスクをすると早くも目に涙が溢れてよく見えない。広げた新聞紙の上に寝かせ、オムツに手を掛けるが、グェッグエッ… ちょっと待て、お父さんが先に出してくる、とトイレに駆け込み、胃を空っぽにすればおさまるかと思ったんだが、ついでに気力も吐き出してしまったようで、さっきの決意もどこかへ行ってしまった。

ボーっとしながら「誰か助けてくれる人は居ねぇもんかなぁ」と思案するが、もちろん最後は諦めることになるのである。再びタオルで口と鼻を被い、「ここから先は私の手じゃない」術だけじゃなくて、「これは現実じゃない」術も駆使して、さっさっさ~と手際よく片付ける。

最初っからそうやれば苦労も無い筈だが、臭覚を消すってのはやはり至難の技なのである。

さて、明日の健康診断の為に検便採らなきゃいかんのだが、やるしか無いかぁ…
[PR]
by HarryBlog | 2007-05-10 11:02 | Diary | ↑Top  
<< 日本の Jazz 情報 ページの先頭 続々と >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31