ITコーディネータ 針生徹 の blog
過去記事
毎日ブログを読み書きしていると、どうしても最新のエントリに目が行ってしまいがちになるが、実はアーカイブというのも重要な機能であり、お宝はそっちに眠っている可能性も高いのだ。

それを発掘してくれるのが検索エンジンである。何かを調べていて、見に行ってみたら自分がリンクしているブログだった、という事が多い。

逆に自分の過去記事が検索に引っかかることもあるようで、古いエントリにトラックバックされているのを発見したときは嬉しいし、その先でさらに展開されているのはありがたいと思う。

excite も来月には機能強化されるようだが、Trackback 一覧は外さないでおくれよ。無料コースでも必須ですよん。ついでにサイト内検索機能もあると嬉しいが、これは有料コースだけかも知れんなぁ。

さて、トラックバックにはいくつかの機能があるが、「同一事象についての様々な意見を繋ぎ合わせる」というのが最大の長所だとワシは思っている。

それぞれが独立しており、書かれるタイミングも異なるが、何らかしら繋がる点があれば、双方の意見、寄せられたコメントと応答、さらにそこからトラックバックされた別の意見…によって、単独では見えなかった物が見えてきたり、触発されて新たな考えが浮かんだり、という事が面白く、また有意義だと感じている。

だとすれば、例えば他人が新たに書いたエントリに対して、自分の古いエントリからトラックバックを打つのも有用だろうし、古い記事同士でも見つけたときにトラックバックするのもアリではないか?

話題にも依るが、新しい古いったってせいぜいここ1年ぐらいの話だ。いくらドッグイヤーだと言っても、全ての記事がすぐに陳腐化する訳ではない。むしろトラックバックしたくなるのは、ある程度年月に耐えられる意見なのだろうし。

もちろん、その時々の状況や自分の考えも移り変わるのだから、新たに同じ話題でエントリを起こすのも面白いのだが、書いていて「あれ? 前にも同じようなこと書いたような…」と思うことも多い。やはり自サイト検索機能も欲しいところだ。

どっちにしろ、積み重ねなんだと思う。人類の英知も、一人ひとりの人生も。

ゴミもいつか再利用されて価値が出ることもあるかも知れない。という訳で、今日も書き散らかすのである。
[PR]
by harryblog | 2004-06-29 09:48 | Network | ↑Top  
<< 旅の記事 ページの先頭 北海道再び >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31