ITコーディネータ 針生徹 の blog
コメント考
平日はあまり文章を書く気が起きないこともあってだいぶ間が空いてしまったが、これの続きと言えば続き。いやもう RSS については書き厭きたので、前回の流れでコメントについて。

エキブロでは珍しいかもしれないが、他ブログでは多いのがコメント欄での議論である。

それもブログ主を相手にするのならまだ分かるが、ギャラリー同士が熱くなったり、どうでもいい細かいところに拘ったりして延々とバトル(いや本人達は議論と思ってるんだろうが)を続けている場面がよくある。

まるで2ちゃんみたいな不特定多数向けの掲示板のようであるが、ブログってのは新たなエントリを書けばどんどん流れていくのだから、いつまでも古いエントリへ書き込んだところで誰も見なくなる。いや別に野次馬が多けりゃ意味があるってこたぁ無いんだが。

自分でブログを持っているのなら、エントリを起こして相手を呼べばいいと思うのに何故かそうはしないんだよな。まぁ河岸変えてまでやるようなもんじゃないのだろうし、やっぱり喧嘩は売り言葉に買い言葉、その場でやらないと気分が乗らないのだろうねぇ。

ブログ主こそいい面の皮であるが、そこで間に入ったりすると余計こじれてしまうことの方が多いようだ。だいたい議論にもなっていない不毛な言い合いを収拾できる落とし所なんて無いのだから、どっちかが疲れて撤収するまでワシなら完全放置するね。

コメントには全て返事をする、というのをポリシーとしている人は多く、ワシ自身もそれは賛同する。ってか実際そうしているが、何もそれは1コメントに1つずつ返さなけりゃいけないってぇもんでもないと思っている。ま、1対1にしておけば、コメント総数÷2が他者から貰った物だと数え易いというのはあるだろうけどね。

その前に、コメント欄って議論には向いてないと思うんだがなぁ。そもそも書き難いし、字数制限があったり、前のを参照しようとしてもスクロールが大変で位置を特定しずらいし、引用できないし、リンクできないし、間に別の人が入りでもしたらもう誰が何を言ったのやら…

ワシも3人で 150 コメントぐらい応酬したことはあるんだけどね。書くのも読むのも大変。疲れるばかりで何か得たのか? やっぱり最後は「余所でやれ!」って言われちまったよ。

そう言えば昔 Netnews の japan には yoso ってグループがあったな。揉め事ならそこでやれ、と。 ブログにもそういうのが必要なのかも。
[PR]
by HarryBlog | 2007-02-26 00:13 | Network | ↑Top  
<< 腑に落ちない ページの先頭 回転ネタ >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31