ITコーディネータ 針生徹 の blog
大陸道 その1
Casiopea / The Continental Way music by Issei Noro

いかにもギタリストらしい曲だと思う。タイトル通り、大陸の長い直線路をクルーズするようなイメージ。軽快なカッティングに乗せた、名機 YAMAHA DX7 の FM 音源の響きが懐かしい。

キーは C で 4/4 だから譜面は読み易い。が、弾くのも簡単という訳ではない。聴いているとゆったりした気分になるのに、16 分で刻んで裏で合わせる、といった体育会的マニアックさがカシオペアの身上。ギターソロなどは 1 拍 6 連とか 5 連とかのフレーズが並ぶ。

イントロは出発地の街中でハンドルを切りながら、ロー→セカンド→サードとギアを上げていく感じだろうか。ディストーションを効かせたギター単音とベースおよびシンセベースのユニゾンにキーボードがコードを被せ、2 小節目はそのユニゾンが全音で伸びる上へ合いの手のようなキーボードが入る。これが 8 小節。

コードは C→B♭→A♭→G♭ と1度ずつ降下していき、3 小節目と 7 小節目ではさらに B♭→A♭→G♭→Emaj7 と開始位置を変える。ユニゾンフレーズはどちらも同じ音で、こちらの方がベースとなるのだから、実際には B♭(on F) のような響きになるようである。

ここではまだ特に難しい所は無い。一番最後の 8 分でのエフェクター切り換えぐらいだな。

さて、メイン部に入る前に、全体の構成を見ておこう。

イントロ 8 小節の後、テーマと同じ進行で 8 小節の前奏。メインテーマが 16 小節。サビ?(コード的にはメインと同じ)が 16 小節。イントロと同じ 8 小節の上でギターソロ。続けてギターソロをメインと同じ 16 小節。ライブで盛り上がる腕上げパフォーマンス用のフレーズ(これもコード進行はメインと同じ)が 16 小節。4 小節のブレークの後、恐怖の 16 分ユニゾンが 8 小節。サビに戻って 16 小節。メイン 8 小節。腕上げ 24 小節+フィニッシュ。

ほぇ~、改めて見てみると、イントロを除くとずっと同じコード進行。それも 4 つぐらいしか使っていない。それでこんだけの展開を聴かせるってぇのも凄いもんだねぇ。
[PR]
by HarryBlog | 2007-01-13 01:29 | Music | ↑Top  
<< 週一 ページの先頭 課題曲 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30