ITコーディネータ 針生徹 の blog
一歩及ばず
開始早々にウチの弱点であるディフェンスの連携を衝かれ、個人技で先手を取られた。浮き足立つところへさらに縦パス1本から競り負け、パスともつかず緩く流されたボールを見送るキーパーを後目にゴールへ吸い込まれる。

序盤から嫌なムードに支配されながら、それでも時間はまだたっぷりあった。

次第にペースを取り戻していったが一進一退が続く。昨日のように楽にはゴール前まで持っていけず、逆に危ない場面も多い。

20 分過ぎ、遂に大柄な相手ディフェンスの壁をこじ開ける。楔で貰った2年生が真ん中で粘り、右へ流す。走り込んできたキャプテンの精度の高いクロスは逆サイドで待ち受ける小柄なストライカーにピンポイントで合い、見事なボレーで豪快に叩き込む。鬱憤を晴らし、皆を奮い立たせる一発だった。

こうなればウチのペース。相手エンドに居る時間が多くなり、次々にシュートを放つ。そして、こぼれたところを狙ったエースが同点弾。前半で追いついたことで、こりゃ勝ったと思った。

ところが、後半開始早々、またも相手 10 番の個人技に競り負け、こぼれ玉を拾った選手のマークが誰も居ない。フリーで決められ、反撃ムードが萎んだか、続いて与えたコーナーキックが直接ゴールへ入ってしまった。

それでもウチの選手達は諦めずにゴールを目指す。前半だってここから2点取れたのだ。相手も守りには入らなかったが、全員押し上げるウチの圧力に相手ゴール前での攻防が続く。

18 分、右からのコーナーキックに合わせたエースのヘディングは弾かれたが、2列目から飛び込んだボランチがズド~ンとねじ込む。

さらに攻め続けるウチ。こちらも声を涸らし全身に力が入る。シュートが外れる度にため息をつきながら時計を見る。いやこいつらなら必ず奪い返す筈。

左に飛び出したウィングがライン際まで切れ込んで放つクロスが逆サイドでフリーのストライカーへ。決まった! と観客席からは見えたボールは無情にもサイドからゴール裏へ転がっていく。

ここからは正直憶えておらん。選手達は最後まで走り続けていたが、ワシゃもう頭の中が真っ白で、呆然と試合終了のホイッスルを聞いていた。

悔しい! 自分のこと以上に。

最後まで頑張った子供達は労ってやりたいし、これで得た物を次に活かして欲しいと思う。

でもワシがこの悔しさを受け止めるにはアルコールの助けが必要なようだよ。
[PR]
by HarryBlog | 2006-07-23 18:41 | Family | ↑Top  
<< 馬子にも ページの先頭 虚脱 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30