ITコーディネータ 針生徹 の blog
2執念 (© sprewell8_daisuki)
がリビアに島流しになっていた二年間、かなり頻繁に手紙をやりとりした。海外で一人暮らしをすると日本の情報、それもニュースでは流れない普通の暮らしの話題に飢えるのを知っていたし、娯楽が少ないイスラム帝国ってこともあり、何てことない身の周りの出来事を如何に奴が羨ましがるように面白可笑しく書くか、これが親友に課せられた任務だったのである。

この時に書く楽しみを知り、また相手が返してくる応答、異国の暮らしやそこで感じたり考えた事を読むのも刺激的で、それによる気付きも多かった。

これで味を占めたワシはその後も色んな所で文章を書くようになり、そしてそれを読んだ人に面白いと言って貰えることが喜びと感じるようになってきた。創作は無理なんでノンフィクションだけだが、アホな人生を送っていると題材には困らず、それだけで文章力など無くとも他人に読ませられる物語となるらしい。

メーリングリストなんかにも結構書いていたが、趣味でも仕事でも何かしら共通の属性がある仲間での交流になるんで、もっと広く不特定多数へ向けて発信してみたかったし、普段の生活では接触する機会の無いような人達の考えにも興味があった。

で、ブログってぇもんが出てきた時は、ワシの為のツールだと思ったね。

特にエキブロは女性が多く、フツーの OL や主婦の皆さんの考えや女性同士の会話を読むと想像以上に面白かった。匿名ってこともあるからだろう、なかなか聞けない本音も見えたし、男と違う視点は新鮮だった。

そんな中へ入っていくのはちょっと勇気が要ったが、暖かく受け入れてくれて、ワシが書いた物にも反応が増えてくるとさらに面白くなり、始めて3ヶ月ぐらいは毎日3~4件ぐらい書いていたし、読む時間はもっと長く、完全に中毒となっていった。

様々な事件を経て、次第に生活の一部として落ち着くようになり、今は深夜の1~2時間ぐらいしかアクセスできないけど、それでも欠くことのできない日課となっている。

2年間、ここを通じて知り合えた人達、その交流の中で得た物は計り知れない。リアルの人生でも色々あったが、皆さんに見守って貰えているという実感でなんとか乗り切ってこれた。

一応、毎日更新は続けている。書きたい事があってもなかなか時間が取れず、アリバイ作り的にただ更新してるだけの日も多いが、元々ちゃんとした文章が書ける訳じゃなし、日記なんだから何でもアリってことで、このまま続けていこう。

皆様、2年間ありがとう。今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by HarryBlog | 2006-03-10 23:23 | Network | ↑Top  
<< 【3】ファーストコンタクト ページの先頭 【2】始まり >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30