ITコーディネータ 針生徹 の blog
S/N 比
ひでぽんのHOT BLOG!: ブログビジネスの可能性
 Webの世界にブログ、というか、トラックバック機能が、まだ無かった頃は、リンクを張るにしても、リンクを作成した側がリンク元に連絡しない限りは気づかれなかったし、意識的に相互リンクでもしない限り、第3者には、ページ同士の繋がりなど、全く知る由も無かったわけだ。
 この、第3者に対するメッセージというのが、今までのホームページとは、一線を画す部分だろうと思う。

その通りなのではあるが、便利になるほど S/N 比の問題が付いてまわる。

元々 blog はコンテンツフィルターとして発展してきたのだと思う。爆発するWeb の膨大なコンテンツから本当に有用な情報を抜き出し、仲間と共有するという機能だ。

そういうコミュニティが大きくなるにつれ、コンテンツ自体も不特定多数向けになり、トラックバックの便利さも濫用されるようになる。

さらに検索エンジンがそれに拍車をかける。SEO だけの目的で無意味なキーワードを鏤めたり、有名人ブログへのコメント SPAM のようなノイズばかり増えて、今では Google の上位に本当に欲しい情報のあるサイトが出にくくなってしまっている。

それでも、一部の先進マニアだけのツールだったブログが、ポータル等の無料サービスによって裾野が広がったことで、今まで日の目を見ることのなかったコンテンツにアクセスできる可能性が高まったメリットは大きい。

下記なんかを見ると、淘汰も始まるようだけどね。
 Tanakayoshikazu.com: 楽天もBlog。「楽天広場 Blog完全対応へ」

上で書かれている「場の力」や「クオリア」という意味では、ここ excite は面白いと思っているが、それはある程度閉鎖性があるからでもあるのだろう。

 つまり、それは、あるページの読者に対して、
「このサイトは、こんな人からも注目されていますよ」
ということを明らかにすることができるということだ。
 その部分に、何かビジネスのヒントがあるかもしれない。

これはブログを使っていれば誰しも感じていると思うし、その関係性をランキングやマップにするサービスも多い訳だが、どうしてもベキ法則、つまり人が集まるところはより集まり、陸の孤島は地図上にも現れない、という事態になりそうだ。というか現状そうなっている。

ワシとしては逆に、大陸を経由しないで孤島同士を結び付ける航路が無いものか、と模索しており、ブログというツールに期待するところでもあるのだ。
[PR]
by harryblog | 2004-05-07 12:26 | Network | ↑Top  
<< アナロジー ページの先頭 営業終了 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31