ITコーディネータ 針生徹 の blog
開会式

美術館なんて滅多に足を運ばないし、ましてテープカットまでやるようなオープニングセレモニーなんて初体験。
a0008364_18440548.jpg
着くなり応接室に通され、館長や宮城県教育庁次長とか新聞社やテレビ局の事業部長と名刺交換。渡された式次第には来賓挨拶としてワシの名前が載ってる。え?そんなの聞いてねぇぞ?

ワシが親父について語れるのは以前ブログに書いた家系図仙台屋敷その2その3その4)の話ぐらいしか無いんだよね。

憶えているうちに今日喋ったことを記録しておこう。
針生一郎の長男、徹です。おはようございます。

私が子供の頃はほとんど家に居ない父でしたが、偶に夏休みとかに出張に連れて行かれた記憶があります。日頃の罪滅ぼしのつもりだったんでしょうかね? だけど、どこ行くかって言えばこういう場所ですからね。彼が仕事してる間一人で待ってろって、今回展示してあるような作品を小学生が見て何か感じて好きになるか? って、無理でしょ。

そんな訳で、親父とはずっと距離を置いてきたんで仕事とか交流関係について語る物は無いのですが、彼が当地、仙台で生まれ育った家が味噌醤油の醸造業を営んでいまして、そこを私が継いだ形で仙台に移り住んだという因縁があるので、その家を紹介します。

昔、親父が「お宅の家系図を買いませんか?」という怪しげな勧誘に乗らされたことがありまして、元は桓武天皇とかあって、適当な系譜の末端にウチの名前を差し替えて書き込んだだけじゃないかと思っていたんですが、今はネットで全部調べられるんで当たってみますとまんざらウソではないようです。

桓武天皇の孫だか曾孫が前九年の役で関東に渡って三浦氏を名乗り、頼朝の奥州藤原氏攻めの功労で会津を与えられて葦名家を興し、十代目が家督を弟に譲った後に生まれた子供がもう葦名は継がないので針生という姓を名乗ったのが始まりとのことです。どうして針生としたのかは解りません。針の筵のような人生という意味なら頷けるような気もしますが…

葦名が伊達に負けて、と言うより弱体化して吸収合併されたようなもんですが、針生も仙台へ連れて来られまして、腐っても天皇直系の元幕臣ですから準一家扱いという待遇だったようです。正宗公が隠居して青葉城から若林城、今の宮城刑務所の場所に移ったときに仙台城下の南の玄関は広瀬橋の河原町となり、夜は奥州街道の門を閉めていたそうで、その門の鍵の管理を任されたのがウチの本家なのです。

で、一郎の祖父だから江戸末期だと思いますが、本家の次男坊が隣の敷地で味噌醤油醸造を始めました。河原町というのは六郷七郷とか名取辺りの穀倉地帯から集まる青物市場があったので、街中の武家や荒町鍛治町の職人さん相手に、そこそこの商売になったようです。私が子供の頃でも敷地の中をトロッコが走ってたぐらいで、従業員と言うより奉公人を十人ほど使っていました。

家も小さいながら、東京下北沢の借家育ちの私から見ると忍者屋敷かと思うような造りでしたね。三和土の店舗を上がると帳場があり、その奥が居間兼食堂、と言うか、商家ですから人が始終出入りしてる吹き抜けのホールみたいな感じでしたが、その中空に扉があったりして、天井からぶら下がった絡繰り梯子みたいなので上り下りしてたようです。

庭にあった白壁の土蔵は銀行の金庫室みたいな厚さの扉で、金銀小判ではなく黴臭い骨董品しかありませんでしたが、都会の子供には異次元の入り口でした。その奥には岩を積み上げた蔵、3階建てぐらいの高さのが三棟、そして一番奥に醸造工場がありました。薄暗い蔵に高さ 3m ほどの木桶が並び、強烈な匂いと大釜の湯気の光景を蜃気楼のように朧気に憶えてます。

大正十四年生まれの親父がこの家で育ったのは激動の昭和初期だった訳ですが、そういう時代に旧制一中から第二高校、東北大と進んで多くの人と出会い、その後の生き方を決めるような色んなことをやれたのは、勉強もできたんでしょうけど、当時の東北にしては経済的に余裕があったであろうこの家のお陰なんです。

親父は長男ですから当然そこを継ぐことを期待されていたんですが、東大大学院へ進んで上京した親父はそのままヤクザな道へ入ってしまいました。

読書会に来ていた長崎の娘を拐かして懇ろになっちゃって、すぐに姉が生まれたもんですから食っていく為もあったのでしょう、色んな仕事を手掛け、それが評価を得て名前が売れてくると、最初は仙台へ戻ってくると期待していた祖父母も諦めて味噌醤油屋は末の弟に継がせたのです。

その叔父が 30 年前の宮城県沖地震で蔵が倒壊したりして苦労した後に亡くなりまして、遺族がもう商売はやめると言い出したとき、「じゃぁ俺がやる!」と親父が言ったらしい。しかし、その「俺」ってのは実は息子の私のことだったんですよ。

自分がやりたい道を選んだことで弟に苦労させ先に死なせてしまったという負い目なのか知りません、あるいは、自分の今がある原点としての味噌醤油屋が消えてしまうのは納得できなかったのでしょうか。

だったらてめぇでやれよ、って話なんですが、実は今回の展示品の中に粟津潔さんがデザインしたウチの味噌・醤油のラベルの原稿があるそうで、私は聞いたことなかったし、それを貼った商品も実現しなかったのですが、親父も自分なりにやれることをやろうとしていたんですねぇ。

結局、店を継いだ息子の私の方も、親父の血を引いていたようで、やはりヤクザな道へ走ってしまったんですけどね。店を立て直す為に勉強した筈のコンピュータの知識でいくつかの企業のお手伝いをしているうちにそっちの方が忙しくなって別の会社を作りました。

味噌醤油の方は同業者に製造を委託し、販売のみを祖父の時代に書生として入ってそのままずっと働いてくれた番頭さんみたいな人に暖簾分けをして、東日本大震災があった 2011 年 3 月まで営業を続けました。震災の影響ではなく、年齢的に引退ということだったんですが、その前年に亡くなった親父の目の黒いうちは営業していたんで、まぁ義理は果たしたかな、と。

二十歳で終戦を迎えた親父の胸中は推し量れませんが、家業継承は選択肢と言うより既定路線という前提で学校行かせて貰った訳ですから、それなりの葛藤はあったんでしょうね。でも、晩年と言うか、お袋に先立たれてからのお金の管理とか見てると、この人に商売やらせなくて本当に良かったと思ってます。

以上、針生一郎の足跡として息子が語れる唯一の接点のお話でした。

最後になりましたが、今回の展覧会を企画・開催してくれた宮城県美術館はじめ関係者の皆様、そして本日ご来場頂いた皆様に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
いやぁ文字にしてみると長いねぇ。道理で疲れた訳だ。
a0008364_18440576.jpg
こういう場でこんな話をする人は珍しいのだろうけど、初めて会う何人かの観覧者から「あの挨拶とても良かったよ」と言われてホッとしている。
[PR]
by harryblog | 2015-01-31 17:53 | Family | ↑Top  
ページの先頭 針生一郎と戦後美術 - 宮城県... >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30