ITコーディネータ 針生徹 の blog
近況
母親が転院して半月が過ぎた。その間、誰も彼女の言葉を耳にしていないという。

大学病院と比べると貧相な印象を受けるとのことだが、街の病院としてはまぁ普通程度だろう。ところが、看護・介護の体制は絶対的に不足しているようで、治療もせず、病状が急変する訳でも無く、リハビリも大したことのできない母親のような患者の対応はどうしてもそれなりになってしまうのだろう。

彼女もそういう待遇に無言のレジスタンスを表明しているのかもしれない。

食事のリハビリも始めたそうだが、思ったようにはやれず、いつまでも口の中に残って却って不衛生。副作用は軽かったと言っても、下痢が続いており、咳き込んだまま吐いてしまうことも増えてきた。

「出来ることは精一杯やっているのです。今が一番ベストです。今よりよくはなりませんから、こちらも無理な対応はしません。ご家族がゆっくり話しかけてあげたりする期間にいいのではと思っています」

ふぅむ… 覚悟はできているつもりだったんだが…

毎日通っている親父も反応が無いので苛立ちを隠せない様子。元々せっかちではあったが、とにかく頭の中が彼女の事で満杯なようで、何も変化が無いとグルグル空回りしてしまうのだろう。

この段階になって「2回目の治療は止めるか」と言い出してみたり、「神の手と呼ばれる世界的な名医にコンタクト取ってみようか」などと言い出して、姉も弟もちょっと持て余し気味のようだ。ちょっとは別のことで頭をリフレッシュした方がいい。

かおりさんの所と驚くほど同じ状況になっているなぁ。

これが「ツレアイ」という物なのか。長年空気のように居て当たり前と思ってきた伴侶が分からない人になってみると、右往左往してしまいながら、自分が献身的に面倒を見てやれば元に戻れると信じたい。

毎日律儀に顔を出すが、反応が無いので落胆してすぐ帰る。自炊や洗濯してみたり、銀行との金の話なんかワシらがやるって言ってるのに、とにかく自分で動いてなければいられないのだろう。

だけど、先は長いんだぜ。このままじゃ先に参ってしまうよ。

まずは来週から再開する治療を見守ろうではないか。
[PR]
by HarryBlog | 2005-05-26 23:49 | Family | ↑Top  
<< 中途半端 ページの先頭 後片づけ >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30