ITコーディネータ 針生徹 の blog
愉しみ
MasahikoSatoh.com: 国内ブログこの一年 #1

ブログ開設経験者は 300 万人と一年で3倍増しているのに比べてアクティブユーザーは伸びていない。ということは、開設してみたものの休止または閉鎖しちゃう人の方が多いってことなんだよな。色んな事情があるのだろうけど、モチベーションを維持し続けるってのはやっぱり大変らしい。

って、まるで他人事のようだが、ワシゃ頻度・量ともにかなり減ってきたとはいえ、続けるのが苦だなんて感じたことは無いなぁ。なんでだろ?

下記で「続けるコツ」が挙げられていたので、ちょっと考えてみた。

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■ ブログを続けるためには
1 続けられるスタイルにする(取り上げるテーマ、書くスタンス等々)
まぁそうだろうな。ウチのような何でもアリでさえ、逆に「これは書かない」というのはある。

スタイルとしては、自分なりの見方・考え方、あるいは悩みでもなんでも、とにかくワシにしか書けないことじゃないと意味が無いと思っている。

だから厭きないのかもしれない。自分の為に書いているってのが明確だからね。
2 自分の仕事と、適度に距離を置く
これは納得。仕事関連じゃ書けないことの方が多過ぎる。特に実名でやっていると、どんなにボカしたって特定は容易だから、取引先関係の話はなるべく書かないようにしている。

ただ、自分が培ってきたスキルや経験についてはシェアしていきたいと思っている。

でも、教科書的な形式知ならばそこら中に溢れているのだし、重要なのは個々の事象ではなくて、複雑系の関係性をどう包括して捉えられるか、というところにあると考えるから、どうしても具体的な仕事の話よりもゴミを含めた散文の方が多くなるのだな。
3 ブログを見ている人のことを、過度に意識しすぎない
上でも書いた通り、自分が楽しいってのが基本だから、来てくれる人には申し訳無いんだが、いつも期待外れの思いをさせているのだろうなぁ。

もちろん大いに意識はしておるのだよ。反応があるのは嬉しいからね。
4 ブログにより結果を出そうとあせらない
アクセスアップやアフィリエイトを主目的としている所とは最初っから別物だと思っているのでこれは全く理解できない。

書くこと、公開すること、読むこと、交流すること、これらの自分にとっての結果という意味ならば過分に頂戴しているので、焦るなんてまでもねぇやな。
5 ブログを楽しむ余裕を持つ
あぃや、これはかなり怪しくなってきてるな。いや、もちろんブログは楽しめるんだが、仕事や生活の中でそういう余裕は足りていない。ブログ書くヒマがあったら、まずはそっちを何とかしなきゃ。なのだよな。

結局、続けるコツではなくて止められない言い訳にしかならんかった。
[PR]
by HarryBlog | 2005-05-15 22:20 | Network | ↑Top  
<< 書く自分 ページの先頭 今日の次男君 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31