ITコーディネータ 針生徹 の blog
トラックバックは動詞か?
「トラックバック」にまつわるもやもや by コメントの最大数、ってどうよ?

「トラックバック」の意味と「頂きました」への違和感、そしてリンク無しトラックバック等について書かれている。

ウチでも何回か話題にしたが、せっかくだからトラックバックを「送って」みた。

上記エントリへのコメントでワシが述べた事を再掲。
「トラックバックを頂く」は、話のネタを貰った、という気持ちの表れなのでしょうね。アルバイト店員が何でも「~させて頂きます」と言えば丁寧になると勘違いするような物でしょうか。
リンクの無いトラックバックはやはりあまりいい感じはしませんが、少なくとも話題が繋がっているのであれば、そのまま放っておきます。
とにかく google ランクを上げる SEO 目的だけのトラックバックは問答無用で削除しています。
昨日もデースケドガーで2件来てたけど、そういうのはトラフィックを増やすだけで無意味だよ、という批判を書いてあるエントリに対して送ってくるってのは笑っちゃいますね。
礼儀だけのお返しトラバってのもおかしいと思ってます。トラックバックと文中リンクはセットというマナーが普及すれば、相手の読者はこちらの存在を知る筈だからです。
で、「ネタを頂いた」というつもりで使っているという absinth さんのコメントを読んで、そっちの方が一般的だなぁ、と思い直した。

トラックバックした時点で通知はされる訳だから、わざわざ「送りました」とコメントすることは無いな。コメントするのはお礼の挨拶だろう。とすれば、やはり「頂きました」で合っているような気もする。
あぶさんのコメントを読んで気付いたのですが、ping の送信方向を言うのか、話題あるいは読者の進行方向を重んじるか、ということなんでしょうね。
霞さんやワシは技術者だからか、プログラム同士の通信方向という感覚がありますが、純粋に文章の書き手として考えれば、「ネタを頂きました」という方が一般的かも知れません。

で、ウチから、トラックバックを送ります。(笑)
という訳で、「ping を送って、トラックバックという逆リンク経路を頂きました」という意味でいいのかも知れないな。

あ、長くなってしまったので、続きはあらためて。
[PR]
by HarryBlog | 2005-01-27 00:28 | Network | ↑Top  
<< ネチケット? ページの先頭 リクエストにつき >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31