ITコーディネータ 針生徹 の blog
今年の終わり
ワシのメモリは貧弱だから、毎日上書きして使い回すしかない。物覚えが悪いのは困ったもんだが、かなり悲惨な状況でもすぐに忘れてまた歩き続けてこられたのは利点と言えるかもしれない。

今までは自分が歩いてきた足跡さえ残っていなかった。久しぶりに会う旧友との想い出話で断片をかき集めてみると、あぁそう言えばそんなこともあったっけなぁ、という気はするのだが、いつも初めて聞く話のように新鮮に笑えてしまう。自分が主人公の事件も結構多いというのに。

それが、今年はブログを始めたお陰で、いつどんな事があって何を考えたか、しっかり記録されることになった。3月から毎日欠かさず、一つ前のポストでなんと 900 本になる。もちろん日々起きたことだけじゃないし、全てを書いている訳でもない。それでも、自分の文章を読み返してみれば、それを書いたときのことを思い起こすきっかけとなる。

不揮発性保存媒体を手に入れただけではない。現実世界とは比べ物にならない数と種類の人達とのコミュニケーションによって、刺激を受ける細胞も飛躍的に増大し、新たなシナプスが張り巡らされつつあるようだ。

ワシは自営だから営業もするし、様々なプロジェクトに参加させて貰って多くの人と接触している。趣味と呼べるのは音楽とサッカーぐらいだが、リーグの事務局とかマンション管理組合とかもやっていて夜の会議も多く、また呑みや麻雀に誘われたらまず断らないから、プライベートも結構忙しい。しかし、一日に交流している人数なんてたかが知れている。

ところが、ブログでは毎日数十人と会話しているし、しかもその内容もあらゆる事柄に及び、トラックバックともなればその量も半端ではなくなる。もしかしたら半生の中でこんなに色んなことを考えさせられた時期は無かったのではないかと思えるほどである。さらに今までは知り合うきっかけさえ無かった人々とも交流することになった。

海外へ行ってみたり、外国人と親しくなると、その風習や文化、それに基づく考え方や行動の違いに驚き、それによって日本や自分を見直すことも多いが、それと似た経験であった。そして、違いはあっても、同じ人間として通じ合う部分の多さも知ることで、何が大事なのか、あるいは自分がどうしていきたいのか見えてくるのも同様のようだ。

もっと勉強したり本を読んでおけばよかったと悔やむことも多いが、それだけの時間をワシは現実の人間達との付き合いに費やしてきたのだから、こんなワシの考えや反応も混ぜ合わせてみることで何か面白い物を創り出せるかもしれない。そもそも無駄を含めた多様性こそが創発を励起する揺らぎとなるのだと信じて、これからも参加し続けていこう。

皆さんのお陰で、自分の中で何かが確実に成長した年となった。ありがとう。
[PR]
by HarryBlog | 2004-12-31 22:06 | Diary | ↑Top  
<< 賀正 ページの先頭 Mac の質問 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31