ITコーディネータ 針生徹 の blog
ジャーナリズム?
数日巡回を怠ったら、またまた面白げな状況になっておったんだのぅ。

ちょっと前にネットジャーナリズムの論議が喧しく、落ち着いたかと思った頃に新参の団藤保晴氏が頓珍漢な反論?と匿名コメントの全削除という暴挙に出てガソリンを注いだ形となった。

ブログ時評

氏のメールマガジン「インターネットで読み解く!」の愛読者としては、慣れない環境に飛び出て右往左往しているだけだから、いずれ真性ジャーナリストの本領を発揮してくれると生暖かくヲチを続けていきたい。

と思っていたら、一方の切込隊長はずっと先へ進んでおり、自ら身を賭してネットジャーナリズムを実践しようとしているかのようだ。

切込隊長BLOG(ブログ) ~俺様キングダム: 木村剛1 ~薮蛇呼ばわりされるのは大変光栄なわけだが
切込隊長BLOG(ブログ) ~俺様キングダム: せっかくだから、一般論を騙っておこうか

ご丁寧にも、木村氏の「トラックバックスパム」というエントリへトラックバックした人達の所へトラックバックスパムを送ったようだ。笑える。

週刊!木村剛: トラックバックスパムについて考えてみよう

そう言えば、以前ワシがブログとジャーナリズムについて書いて、ゴーログ(というかネットは新聞を殺すのかblogの湯川氏編集の[ブロガー新聞]なのだが)へトラックバックを送ったら、ウチにも隊長の週刊新潮の『「木村剛」日本振興銀行』を読んだからトラックバックを貰ったことがあったな。

ワシゃ日本振興銀行については何も語るべき物も無いので、アイドル路線の話でスルーした訳だが、菌をバラ撒くことによって思わぬ所で発酵が進むのを期待しているのだろう。こういう確信犯的ゲリラ手法もネットジャーナリズムの可能性としては考えるべきではあるな。

隊長のエントリへのコメントやトラックバックを眺めると、まだまだ生煮えではあるが、祭を期待するうねりは感じられる。

東洋経済やエコノミストという既存メディアも動き出しているようで、
とりあえず目を通しておいてくれたまえ(笑)。
だそうだ。ブログと連動させることでどんな化学変化が起きるのか楽しみである。

ま、ちょっと距離を置こうとしているような finalventの日記の方が分かり易く、ワシとしては外野からビールの肴として眺めているのが吉だと思っておるんだが、もしかしたらウチへ来てくれる人達も勝手に熟成を進めてくれるかも知れないから、一応紹介しておいた。
[PR]
by HarryBlog | 2004-12-08 10:05 | Network | ↑Top  
<< 対岸の火事 ページの先頭 飯田橋大勝軒 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31