ITコーディネータ 針生徹 の blog
御託
昨晩はさすがに早くに沈没しちゃったんで今頃書くが、一昨日麻雀から帰ってきてからある人とメッセをして、あっと言う間に1時間ぐらいお喋りした。

酔っ払ってたんで、あっちこっち飛んだし全然論理的ではなかった(素面でもか)が、結構興味深い話をしたようなんで、想い出しながら書き留めておこう。

えっと… 企業もブログも生身の人間の集合体なんで、エネルギー交換によって価値を創り出し、それを拡大あるいは深化させていく為に再生産して次世代へ引き継ぐことが存在理由なのではないか、こんな話だったように思う。





代謝という生命の基本機能からしてそういう物なのかも知れないが、企業ってのもまた同じような生き物であると常々感じている。

社会が受け入れた価値の大きさが売上であり、原材料や製品を作って売る活動に従事した取引先や従業員へ分配した残りが利益となる。一部はそれを手にするまでのエネルギーの元を提供した株主へ、また税金という形で地域社会へも還元するが、残りは再投資することでまた生き続けられるのである。

今日食べる分以上の余剰価値を分配・流通させる為に貨幣があり、創り出した価値の大きさを金額で表してはいるが、環境との相互作用によって何らかの価値を生み出すという活動自体は、ブログのようなコミュニティと同じではないかと思っている。

まぁ、プライスレスってのは、その場その時その人との関係なのだろうから、営利活動と同列には語れないとは思うが、価値の流通媒体としてのネットの可能性には大いに期待したいところだ。

リアルとバーチャルなんて話題が各所で出ているが、メディアが異なるだけで人間関係には違いないのだし、集合体として個々の総和以上の価値が生み出される機会に多く接すると、かなり人間臭い繋がりだなと実感している。

ID だけという匿名性や文字だけのコミュニケーションの特質は、その欠点が問題にされることの方が多いが、他の媒体では伝えることができない、あるいは表に出そうとしない、人間が持つ様々な面に触れることが可能となり、それに触発されて起こる化学変化を繋ぎ合うことによって新たな世界が構築されるのだ。

それは麻薬のようにエスカレートしてしまう危険もあるが、それも含めて紛れもない自己であり、それを知った上で足掻きながら何かを創造していきたい。

ただ、霞を喰らって生きられる仙人ではないのだから、貨幣経済と切り離しては成り立たない。相互に補完し合えるようにうまくバランスを取ることが重要なのである。一日は 24 時間と決まっているのだし。

だから、仕事しろってば > ワシ
[PR]
by HarryBlog | 2004-11-27 09:13 | Network | ↑Top  
<< 激重 ページの先頭 コブ取りじいさん >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30