ITコーディネータ 針生徹 の blog
後始末
喪主になったり相続したりなんて一生に一度か、せいぜい2~3回だけだろう。

ワシにとっちゃ初めてのことばかりだし、しきたりとかしがらみとか、あるいは縦割り行政の弊害で何度も同じような手続きでたらい回しされたり、とても不幸の当事者に対する扱いとは思えない(いや、そういう面倒に見舞われることこそが不幸そのものなのかもしれないけど)ことも多く、いい加減にしろ!と投げ出したくもなるのであるが、悲しむ暇も与えず、理不尽に立ち向かわせることで、遺族が強く生き続けられるように鍛えてくれる社会の優しさなんだろう。ありがたいこってす。

葬儀まではプロに任せるしか無いが、向こうも商売なんで、丸投げしちゃうとどんどん費用が嵩んでしまうのでコントロールは必要である。親族も集合しているし、ウチは性格的にもうまい具合に役割分担が決まったとは思うが、それにしちゃぁ何かあると「喪主様、喪主様!」と全てワシが呼ばれるから落ち着いてタバコを燻らす時間も貰えない。

喪主挨拶を終え、棺とともに同乗した霊柩車の「プァーン……」というクラクションの音を聞いて、ようやく肩から力が抜ける。焼き場で待つ間、緊張を解いた隙間にビールが染み渡り、灰になった故人とともに役目が終わるのである。

ところが、実はここからが始まりなのかもしれず、独居老人の身辺整理には雑務や事務作業とともに、決断が必要な事柄も多く、喪主特権でどんどん片付けていかないといつまでたっても前へ進めない。もちろん相続については後々問題が起きる可能性があるからきちんと分割協議に合意しとかないとならんけどね。

会葬者の一覧は、香典返しを頼めばサービスで代行してくれる業者もあるが、自宅に届いた香典や弔電・献花などもあるし、誰が来てくれたのか把握する必要もある。いや名前見ても分からんし、数が半端じゃないし、そもそも親父の関係者なんて公私ともにまるで知らないし…

ウチは新聞記事が出ちゃったので銀行口座は即日凍結された。これを動かす為には、相続対象者全員の印鑑証明とともに故人の出生~死亡までが載った戸籍謄本が必要になる。転籍を繰り返していると一つずつ遡っていかなきゃならんのだが、地名変更があったり、大昔のは手書きをスキャンしたもので検索できなかったり、消えた年金みたいなもんだぞ。

遠隔地からは郵送で取り寄せられるが、ネットから申請書を印刷して記入、手数料を調べて枚数分の定額小為替と返信用封筒(切手は不足しないよう)を同封して送り、手元に返ってくるまで2週間ぐらい掛かるらしい。

都銀は相続事務を一括して処理するセンターを設けているところが多いようで、窓口に行ってもテレビ電話で説明されるだけで、結局書類は郵送することになるので、電話で済ませた方が良いようだ。同一行は名寄せされるが、金融機関の数だけ戸籍謄本と印鑑証明が必要になる。発行手数料もバカにならんな。

他にも、医療費等の未払いがあれば支払わなきゃ(場合によっては還付もある)だし、健康保険・後期高齢者医療保険・介護保険等の停止、年金受給停止と精算、生命保険申請、葬祭費申請、市県税継承者届け出、光熱費等の引き落とし口座変更、クレジットカード停止…やる事はいっぱいあるねぇ。

すぐにやらなきゃならんものばかりでもないけど、口座が停止されてるから入出金が滞るし、基本料金や日割り計算される物もあるので早い方がいいことはいい。それにこういう面倒な手続きは勢いがあるうちにやっとかないとずっと放ったらかしにしてしまいそう。

相続の申告は十ヶ月内なので余裕はあるが、借金の方が多い場合、相続放棄は3ヶ月内なので注意。まず資産と負債がどれほどあるか把握しなきゃならん。結構思わぬ形で残されていたりするからねぇ。総資産が基礎控除額(5千万円+1千万円×法定相続人の数)を超えてなければ相続税は掛からない。ウチは無さそうだけど、まずは調べてみなきゃな。

親父は死ぬ前日まで仕事してたから、今年の分の準確定申告も必要。後は何があったっけかなぁ? そうそう、忘れちゃいかんのが四十九日法要と納骨の準備。7週間ってぇのは意外なほどすぐだぜぇ。お寺または斎場、住職、墓守の予約、案内送付、香典返し選択、発送準備…葬儀後すぐに始めないと間に合わなくなる。あー仕事してるより忙しい。

人が死ぬってのは大変なことなんだねぇ。
[PR]
by Harryblog | 2010-06-05 18:56 | Family | ↑Top  
<< ぼちぼち ページの先頭 会葬御礼 >>



針生 徹

Writer's choice
Harry corporation
Study room
Twitter
Facebook
Tumblr


エントリ内容に無関係と判断したコメント、トラックバックは削除します
記事ランキング
最新の記事
開会式
at 2015-01-31 17:53
針生一郎と戦後美術 - 宮城..
at 2015-01-18 17:22
回顧
at 2014-12-27 22:36
プライスレス
at 2014-01-03 07:31
謹賀新年
at 2014-01-02 09:20
蹴球興業
at 2013-09-21 22:27
スマートですかねぇ?
at 2013-08-07 21:42
遭難記録
at 2013-08-04 20:50
リバイバル
at 2013-08-04 11:06
出稼ぎ
at 2013-08-04 10:56
最新のトラックバック
RSS入門生(1):By..
from Rosslyn Papers
Flipboard
from Rosslyn Papers
忘年会
from nest nest
とりあえず
from nest nest
update
from nest nest
水筒
from nest nest
針生一郎さんが亡くなった。
from 今日、考えたこと
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
針生一郎氏逝去
from にぶろぐ
針生一郎さん
from 今日、考えたこと
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31